sato

sato

3

ジュースやお茶のパック、スーパーから帰ってそのまま冷蔵庫へ。

いつもの何げない習慣だけど、市販品のパッケージから漂う生活感は否めません。

スパイスや調味料みたいに、ジュースやお茶もシンプルな容器に移し替えれば解決するんだろうなあ~。

WECKのジュースジャーならぴったり1ℓ

そんなわけで目を付けたのがガラス保存容器の定番「WECK」。

1ℓの紙パックドリンクがぴったり入る、1,000mlのJUICE JARがありました。

直径90×255mmで、700円(税別、weckオンラインショップ価格)です。

移し替えてみると、ほんとうにぴったりスレスレで入りきりました。

シリコンキャップSを忘れずに

WECKに液体を保存する際にそろえたいのが「SILICONE CAP」。JUICE JAR 1000mlにはSサイズを。

抜群の密閉度でボトルを横にしても漏れません。

ホワイトやクリアもありますが、WECKのほっこりした雰囲気をちょっぴりシャープにしてくれるブラックがおすすめです。

いつも目に付くところこそ気持ちよく

冷蔵庫のドアポケットにもきちんと収まりました。

パッケージのままの時と比べて、景観の差はこのとおり

食器や器にこだわっても、パッケージのままドンと置かれたドリンクで台無し……ということももうありません。

残念なところ:賞味期限がわからない

パッケージのままの時は印字してある賞味期限を目安にできるのですが、移し替えるとわからなくなってしまいます。

そこで、マスキングテープに開封した日を書いて貼っておくことにしました。

これなら新鮮なまま飲みきることができます。

自家製ドリンクの容器にも

こんな風にレモンとハーブを入れて水を注ぐだけで、ほんのり香るフレーバーウォーターが完成。

このJUICE JARがなければ作らなかった気がしますが、実際やってみるとほんのひと手間。

水がフレーバーウォーターに変わるだけで、いつもの食卓の風景がちょこっと格上げされちゃいます。

合わせて読みたい:



JUICE JAR 1000mlSILICONE CAP BLACK[WECK]

sato

ライター/コピーライター。広告制作会社と化粧品メーカー宣伝制作部を経てフリーランス。2ヶ月間旅に出てみたり、2泊3日で山に登ってみたり、家ソトも大好きだけど、いちばんのお気に入りスポットは我が家のソファーの上。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking