3

暮らしのデジタル化はどんどん進み、スケジュールもいまや、ほとんどスマホで管理する時代。

便利だけど、うっかりデータを削除してしまったり、どこに何の情報があるのかわからなくなってしまったりすることも……。

なが〜く使えるお気に入りの手帳がひとつあると、毎日がちょっとだけ楽しくなりますよ。

歴史を刻むノート

本屋さんや雑貨屋さんに立ち並ぶ、スケジュール帳たち。

1年毎に変えるのも楽しいけど、私が使っている「トラベラーズノート」は、ずっと持ち続けることで楽しみを感じられる手帳

3年ほど前から使っていますが、限定色を色違いで揃えたほど、お気に入りの手帳です。

縦長のシンプルなデザインで、使えば使うほど手によく馴染む、牛革のカバーがお気に入り。

最初は革に傷が付くのが嫌だなぁ……なんて思っていましたが、それも今では勲章に思えるかも。

そして細部をあれこれカスタマイズできるのも、このノートの醍醐味なんです。

リフィルでカスタマイズ

本体のノートはリフィルになっていて、自分の好きなものをセットすることができます

牛革のカバーに付属しているゴムで、まずメインの一冊をセット。

別売りの連結バンドを使えば、サブのノートをメインのノートにセットできるように。

3〜4冊程度まで組み合わせられるので、複数のノートをまとめて持ち歩くことができちゃいますよ。

持ちやすくて書きやすい!

私の場合は家事や育児の記録・スケジュール管理のほか、仕事の案件、雑事録などを書き込むのがもっぱらの使い方。

ノートは一般的なA5サイズの幅を少しスリムにした大きさ。

手に持ちやすく、机がないときでもささっと書き込めちゃうのがうれしいです。

セットするリフィルは、オリジナルの筆記用紙、MD用紙、クラフト、画用紙、軽量紙など……様々なものが販売されています。

他にも、市販のノートでサイズが合えばセットして使えるので、飽き性な私でも自由にカスタマイズできてうれしい!

セリアでも同サイズのクラフト紙のノートを見つけて、即購入しちゃいましたよ〜。

ケースやポケットで使い方が広がる

夫も愛用しているトラベラーズノートですが、今年はほぼ日手帳を使いたい!とのことでリフィルのジッパーケースを購入

片方はジッパーケース、もう片方はポケットになっているので、ほぼ日手帳をポケットに入れて使っているとのこと。

私も家族の写真やシールなど細々したものは、リフィルのクラフトファイルに収納

自分の使いやすいようにリフィルを選べるので、使い方の幅はかなり広がりますよ!

残念なところ:はじめは使いづらい…

正直なところA5スリムサイズという大きさに、最初は使いづらさを感じたかな……。

サイズはこのA5スリムサイズ(レギュラーサイズ)のほかに、ポケットに入るほどに小さいパスポートサイズがあるのみ。

パスポートサイズだと小さすぎるし、かといってレギュラーサイズは大きいような……。

3サイズ展開あればな〜と、そこだけちょっと残念でした。

長年寄り添えるノート

ノートに取り付けられるクリップ式のペンホルダーには、特別な思い入れのある万年筆やボールペンもセット。

お気に入りに囲まれて日記を書いたり仕事をしたりすると、テンションも上がります。

ちなみに、長年使っていて修理が必要になったときも、リペアキットや連結バンドなどが各色揃えて販売されているので安心。

手を加えることでより愛着が湧いてくる自分だけのノートブック。

今年はトラベラーズノートで、新しい1年を始めてみませんか?

あわせて読みたい:



トラベラーズノート[TRAVELER’S FACTORY ONLINE SHOP]

3

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking