髙阪正洋

髙阪正洋

32

ナガオカケンメイによって2000年に創設されたD&DEPARTMENT PROJECT

「ロングライフデザイン」をテーマに、たしかな審美眼で普遍的なマスターピースをあまた世に発信してきました

「クラフトな遊び心地」を掲げるROOMIEが、コレはワクワクする!と興奮したアイテムを定期的にご紹介していきます。

今回は、世田谷区奥沢にあるD&DEPARTMENT TOKYOからお届け。

選べる16パターン、部屋に合うのが必ず見つかる!

工業用スチールシェルフ

テレビ台兼収納棚にと、かねてより筆者も購入を考えていた工業用スチールシェルフ

この無機質な表情が、本や植物、民芸品なんかにバッチリ合いそうだな〜。

「わたしも家で使っています。とにかく収納力が高いので、捨てられない雑誌なんかを立てたり、植物を置いたり」

と、D&DEPARTMENTスタッフの薗部(そのべ)さん。

工業用製品として設計されたスチール製のシェルフは、とにかく強度と作業性に優れています。

高さは2段から5段までの4種類、奥行は30cmと45cmの2種類あるから、どんな部屋に住んでいようと、ぴったりのタイプが見つかりそう。

色はグレーとアイボリーから選べて、どっちにしようか迷うな〜。

また、支柱、棚板、コーナープレート、ボルトという4つのパーツで成り立つ極めてシンプルな構造だから、女性のひとり暮らしでも、組み立てへの不安は要らなそう!

さすが工業用製品!何を置いてもへっちゃらさ!

さて、何を置くか。

棚一段の対荷重はおよそ80kg(奥行き45cmのタイプはおよそ100kg)なので、かなり重量のあるものまで何でもござれ。

「キッチンで電子レンジや炊飯器を置いたり、食材のストックに使ったりしているお客さまも多いようです。」

「D&DEPARTMENTで扱っている収納用品と組み合わせて使えば、見た目をスッキリさせることもできますよ!」

これだけでも十分便利そうだけど……このシェルフの本領は、まだまだこんなもんじゃなかった!

あんなことや、こんなことも。5段変化に感動しまくり!

「実は、さまざまなカスタマイズが可能で、なかにはお客さまの声から生まれたものや、スタッフならではのアイデアなども」と薗部さん。

そうそう! そういうのが知りたかったんだ!

棚の数はあとから増やすことができます。棚板単品でも購入できるので、入れるものに応じて追加することができますよ」

「脚につけられるキャスターも、別売りしています」

簡単に、移動式のシェルフになる。 頻繁に部屋を模様替えしたいってひとにはぴったりのアレンジ!

「あいにくいま店舗でお見せできませんが、部屋の雰囲気や収納するモノに合わせて、棚板の上にガラス板や木板を置くこともできます。」

なるほど、東急ハンズなんかに行って、欲しい雰囲気にドンピシャな板を買ってみるのも面白そうだ!

そして、いちばん驚いた使い方がこちら。

棚板を置いて固定するフックの高さを、シェルフの前後でズラす。そして、棚板をひっくり返してそこに載せれば……、

スニーカーや本を置いたりすることで、ショップのディスプレイみたいに収納することができそう!

前後で高低差のある「受け皿」の完成!

「正規の使い方ではないですが、D&DEPARTMENTの店舗で什器として使うなかで生まれた、スタッフオリジナルの使い方です」

まさかこんな使い方ができるなんて、知らなかった!

「もうひとつ、同じように什器としてアパレルコーナーで使っていたのを、お客さまからの要望で商品化したハンガーパイプが、最近リリースされました!」


パイプは、もともと水道の配管などに使われるものを採用。錆びにくく、耐荷重も申し分ナシ!

D&DEPARTMENT TOKYOでは、さらに有孔ボードを組み合わせていました。(専用の商品ではありません。)

雰囲気あるね!

スタッフさんに負けじと自分なりのカスタマイズを考えていると、ああ……購買意欲は増すばかり……!

あわせて読みたい:



工業用スチールシェルフ[D&Department]

髙阪正洋

ファッション、ライフスタイルまわりで、編集・ライターのいろはを学び、ひた走る日々。いつの日かROOMIEアイス部員に抜擢されんと、就寝前のアイスが20年以上やめられないでいることをココにしかと明言しておく。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking