林 美由紀

林 美由紀

2

お弁当を作っているとおかずのバリエーションに悩みます。
そして、結局、同じような内容になってしまうんですよね。

毎日の料理をちょっとずつ冷凍できれば色々なおかずをお弁当に入れられるかも。

小分けにして冷凍保存

Image: Amazon.co.jp

朝食や夕食で余ったおかずを小分けにして保存できるのが「アーネスト シリコン小分け保存カップ」。
おかずをシリコンカップに入れて冷凍し、お弁当作りの時には、使いたいものだけ取り出して、そのままお弁当箱に詰めるだけです。夏場は、凍ったままのおかずを入れておけば、保冷材の代わりになり、お昼頃には食べ頃に。

もちろん作り置きにも使うことができます。

シリコン製で冷凍、レンジOK

Image: Amazon.co.jp

また、カップはシリコン製なので、電子レンジにも対応しています。
洗って何度でも使えるので、毎回カップを買い足す必要もナシ!
カップ端のつまみを持てば、取り出しやすい上に、お弁当箱に詰める時も手が汚れません。

Image: Amazon.co.jp

残りものを大きなタッパーに入れて保存しておくと、温める分だけ取って、またお弁当用のカップに入れて……とちょっと面倒です。
でもこのシリコン製のカップなら、最初に小分けにしておくだけでそのままお弁当箱に入れることができるので、簡単で時短。

ちょっと便利なものを賢く使って、毎日のお弁当作りをラクチンに!

アーネスト シリコン 小分け保存 カップ [Amazon]

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking