2

下北沢に店を構えるヴィンテージ&アンティークショップ「ナンセンス」。

店内には、古道具の世界に20年近く親しんでこられた菅野ご夫妻の、人脈とセンスで揃えられた“古き良きモノ”が所狭しと並んでいます。

今回は、古道具界では比較的ポピュラーなアイテムといわれる“足踏みミシンの脚”をご紹介。

秀逸なデザイン!



こちらは、1950-70年代のイギリスの足踏みミシン『SINGER』の脚です。

足踏みミシンには国産も含め様々なデザインがありますが、他のものはもっと機能が全面に出たデザインで、かなりの業務感があるんです。

そんな中『SINGER』のミシン台は、まるで編み物のように複雑な鉄足のデコレーションや、美しいブランドネームの入り方など、デザインのかっこ良さがダントツなんですよね。

天板次第で用途自在

いくらデザインが素晴らしくても、これを自宅のどこに置いて使ってあげれば良いのやら……。

菅野さん、活用法を教えてくださ~い!



こちらに好きな天板を被せて、自分の見立て通りのオリジナルテーブル作りが、古家具好きの間では人気なんです。

載せる天板次第で雰囲気がガラッと変わるので、購入されたお客様によって、使い方が全く異なるのが面白いですよ。





脚がぎりぎり乗るくらいの小さな天板を載せれば、キッチンなどで活躍する作業台に。

ガラス天板を置けば抜け感が出て、かなりスタイリッシュなイメージになりますね。

最近は、なんとパソコンデスクとして使う方も多いそうなんです!

元々ミシンを支えていた鉄で出来た脚なため、重い大型の天板もしっかりと支えてくれるのだとか……!

自分の理想のテーブルを、2つのアイテムを組み合わせることで作るという発想の転換は、まさに目からウロコ!

脚自体のカスタマイズも可能

「ぜひ脚自体もカスタマイズして使っていただけたら、と思いますね。」と語る菅野さん。

なんとこちらの脚、ネームはもちろん、ハンドル、足踏み台も、全て取り外し可能!

装飾が好きな方はこのまま、もっとシンプル思考の方は、あえて天板を支える脚のみを残して愛用することもあるそうです。

足踏み台はあえて残したいな…



設置するスペースの問題で、足踏み台を外す方は多いと思います。

ですが、「足が置けてとっても楽!」と、この足踏み台を気に入って購入される方もいますね。

お客様それぞれが、好きに、長く使ってくださればそれでいいんです。

脚も天板も自分の好きなようにカスタマイズして、理想のテーブルを作り出せる。

ヴィンテージなのだからこう使うべき! という押しつけがましさのない、とても魅力的なアイテムなのでした。

あわせて読みたい:



ナンセンス

Photographed by Kenya Chiba

2

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking