1

冬は空気が乾燥し、お肌もカサカサ、喉もイガイガ……。

室内では加湿器が手放せません

だけど、加湿器にも超音波式やスチーム式などいろいろあって、どれを選べばいいのか迷ってしまう……。

ハイブリッド式がおすすめ!

わが家でここ数年使っているのが、超音波式とスチーム式をかけあわせた、「ハイブリッド式」の加湿器。

室温を下げづらい、雑菌が繁殖しづらい、静かで省エネ……など、両方のいいとこどりをした加湿器です。

お値段も5,980円(税込)とお手頃だから、いよいよふたつ目も購入してしまいました。

そんな優秀な加湿器ですが、オススメしたいポイントが他にも数え切れないほどあるんです……!

タワー型のメリットは…

特にお気に入りなのが、この少し変わったタワーの形。

木製のオブジェのような見た目で、遊びに来るお客様のほとんどが、「これ、なに?」と聞いてくるほど加湿器らしからぬデザインです。

また、床に直置きできる大きさなので、置く場所が棚の上などに限られず、好きなところに置くことができるのもうれしい

吹き出し口は高い位置にあるので、広い範囲にミストが届きやすく、部屋全体を加湿してくれます。

邪魔にならないようにコンパクトな加湿器を選びがちですが、タワー型なら効率よく加湿できて、インテリアの邪魔にもなりませんよ〜。

低い位置でも使える!

加湿器は、一番下の本体と真ん中の水タンク、吹き出し口カバーの3つで構成されています。

ロングの吹き出し口カバーを外して、ショートの吹き出し口に付け替えると、コンパクトな加湿器に。

床に座ったり、お布団で寝るときに使うのにぴったりなサイズです。

使うシーンによって形を変えられるのは、他の加湿器にはあまりない機能ですよね。

また、細かく分解できるので、お手入れもラクチンです。

吹き出し口は好きな方向に

吹き出し口は360度回るので、好きな方向にミストを向けることができます。

狭いスペースや壁際で使うときは、これが結構役に立つんですよね。

ショートタイプの吹き出し口も、好きな方向にクルクル回すことができますよ〜!

リモコン付きで操作も楽々

加湿器のスイッチは、軽く触れるだけで反応するタッチパネル式

連続して使えるのは約8時間で、2、4、6時間のオフタイマーもついています。

でも、スイッチが足元にあるとちょっと操作しづらい……。

そんなときはリモコンを使えばラクラク〜。

寝室ではお布団の中から「ぴっ」と操作すれば、わざわざ起き上がる必要はありませんね!

残念なところ:水がこぼれやすい……

残念なのが、タンクに水を注ぐときに、ポタポタ水がこぼれやすいこと

慣れるまでは、床がビショビショになってしまうことも多々ありました……。

水タンクを持ち上げると、一番下の本体にはこのように水が溜まっています。

水タンクと本体の間には隙間があるので、加湿器を移動するときもこぼさないようにご注意くださいね。

ディフューザーにも!

手持ちのアロマオイルを小さな引き出しにたらせば、ディフューザーにもなります

お気にいりの香りを選べば、自分だけの癒し空間をつくりだせますよ〜!

ナチュラルな見た目が魅力の、加湿器っぽくない加湿器。

数え切れないほどある機能もさることながら、インテリアにこだわりたい方にもかなりおススメです!

あわせて読みたい:



スリムタワー加湿器

1

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking