ちゃなまる

ちゃなまる

4

もうすぐ2018年も終わりを迎えますね。

1年間がむしゃらに頑張った自分を褒めてあげようと、欲しかったピストバイクを買っちゃった……。

勝手にハードルが高い世界と思っていたけど、乗ってみたら魅力あふれるアイテムだったんですよ!

ピストバイクってなに?

ピストバイクはもともとレースなどで使われている競技用の自転車のことです。

軽量でシンプルなフレームと単純な構造、そして美しい見た目から、最近は街乗りとしてもとても人気なんですよ!

ピストバイクの特徴

他の自転車との違いとしては 変速用のギアがついていないこと。タイヤ周りがとてもスッキリしています。

その分本体が軽いので、加速度は一般の自転車の比ではありません。

あと、構造がシンプルな故に、自分好みにカスタマイズや改造が簡単にできる、という所も魅力の一つですかね!

CARTEL BIKEに惚れた!

私が買ったピストバイクは、ストリートバイクショップDINERのプライベートブランド「CARTEL BIKES」

2012年に誕生以来、シンプルかちスマートなシルエットで、ピストファンだけでなく、初めてのユーザーにも人気なんだそうです。

フレームの素材は、クロモリという、アルミよりも強度の高いしなやかな金属素材で出来ています。

高級感あるよね

全体のシルエットだけでなく個別のパーツで見ていくと、このサドルもお気に入りなんだよな~!

黒いレザーのヌメッとしたシルエットが、上品でたまらないな……。

これだけ細い座面ですが、座り心地も以外と良いんですよ。

ここがかなり大事!

ピストの顔といっても過言ではないハンドル回りもご紹介!

ドロップハンドルがもともと付いていて、バーテープもしっかり巻いてくれています。

握りやすいクッションが効いているので、素手で乗っていても痛くないですが、この時期は手袋が必須。

ハンドルとブレーキものカラーを黒で統一してくれているので、派手な色のフレームを選んでもまとまりが良い!

残念なところ:坂道が踏ん張りどころ

ギアが一つだけなので、「坂道だから軽くしよ~!」ができません……。

坂道では結構重くなるので、周囲をしっかり見ながら、下ハンドルを思いっきり握って力強くペダルを踏み込んでください!

坂を登り切った時の達成感は凄まじいですよ……。

このお値段はかなり魅力的

競技用の自転車ですが、しっかりブレーキも付いているし、とても車体が軽いので街乗りとしても万能です。

お値段は、完成した状態で55,000円(税別)。フレームにカーボンが使われていないので、かなり値段は抑えられています。

友人とツーリングに行けば、お互いに愛車のこだわりポイントを話したりするのもまた楽しい。

ピストにハマれば、パーツのカスタマイズや、ピスト界の流行り、固定ギアを使ったトリックなど、自分の世界が広くなります!

来年は一緒に、ピストでお出かけしましょうよ!

あわせて読みたい:



CARTEL BIKES AVENUE STRONG RED カーテルバイクス アベニュー ストロングレッド PISTBIKE

ちゃなまる

街で暮らし、山で遊んでいます! 珈琲が好きです、どれくらい好きかというとカツ丼くらい好きです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking