岩澤 春香

岩澤 春香

3

カメラって、持ち運ぶのが結構むずかしい……

専用のバッグは重くてかさばるし、首から下げていると疲れちゃうしで、カメラ女子の私にとっては大きな悩み。

特に、アウトドアや旅行のときなどは、それでヤキモキさせられることも多い……。

カメラが浮く魔法のアイテム?

ピークデザイン キャプチャー ブラック CP-BK-3

そんなカメラの持ち運び問題を解決してくれるのが、2つのパーツで構成されたこちらのアイテム

付属品として、六角ボルトと六角レンチがついてきます。

このパーツをリュックとカメラ両方に取り付けてみますね~

ぐるぐる回す

取り付けは、思ったよりもカンタン

この四角いパーツをカメラの下部についている、3脚用のネジ穴に取り付けます。

付属の六角レンチを使って、ぐるぐる……。

リュックにセッティング

続いては、こちらのパーツ。

左右についたネジを緩くすると、重なった2枚のパーツに隙間ができ……

リュックの肩ベルトにはさめるように! あとはネジをきつく閉めたら、準備は完了です!

リュックとカメラを合体!

ここまできたら、リュックにとりつけたパーツに、カメラを合体させるだけ

ご覧の通り、カメラがリュックにしっかりと固定されるのです!

もちろん、手で触れてはいませんよ~。

こんなに傾けても、カメラはリュックにしっかりくっついたまま。

でもこれじゃ、取り外すのが大変なんじゃ……?

ワンタッチで取り外し!

取り外しはこのリリースボタンを押しながら、カメラを引き抜くだけでOK

ワンタッチでできて、とってもカンタンです。

ボタンを90度くるっと回せばロックすることもできるので、アウトドアで激しく動き回るときも安心。

どこかに当たってボタンが押されてしまうこともありませんよ~。

ベルトにもつけられる!

幅のある平たいものであればどこにでもつけられるので、ベルトなどにも使えます

腰にカメラをつけていれば、気分はさながらプロカメラマン。

とうっ!と頑張るアラサー編集部員T

こんなふうに思いっきりジャンプしても、外れる気配がありません(カメラを腰につけてジャンプすることがあるかはさておき)。

リュックにつかないときは…

リュックの肩ベルトの幅が広くて、パーツがつきにくい……!

そんなときは、肩ベルトにつけるパーツのネジを、付属の小さい六角ネジに取り替えます

するとネジが小さくなった分余裕ができ、リュックの肩ベルトにもぴったりついてくれました。

残念なところ:カメラが裸…

カメラ用のバッグなどと違って、カメラが外に無防備に出てしまっているので、ボディに傷がついてしまう危険性も……

外れはしませんが、守ってくれるわけではないので過信は禁物です。

コンデジにも使えます!

3脚用のネジ穴は大体のカメラについているので、型番を気にする必要はほとんどありません

バッグの中をガサゴソせずにささっとカメラを取り出せるのって、かなり便利。

このカメラクリップがあれば、アウトドアや旅行でシャッターチャンスを逃すこともなさそうです。

あわせて読みたい:



Capture Camera Clip[Peak Design]

岩澤 春香

好きなものはグレッチのギター、塩バターあんぱん、シメサバ、珈琲屋らびっと、いんでいら道玄坂、ジャックパーセル、ポーターのサコッシュ、PASS THE BATON、ヘリーハンセンのバックパック、本屋さんに置いてあるジャンク品。 好きな人は椎名林檎、望月ミネタロウ、坂元裕二、岸田繁、西加奈子、あばれる君。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking