髙阪正洋

髙阪正洋

10

家使いでも人気のアウトドアブランド、スノーピーク。

「クラフトな遊び心地」を掲げるROOMIEが、コレはワクワクする!と興奮したアイテムを定期的にご紹介していきます。

今回は、スノーピーク ルミネ新宿店からお届け。

中わたなのに、家で洗ってヨシ

『フレキシブルインサレーションシャツ』

冬の頼れる相棒、いわゆるインサレーションウェアと侮るなかれ。

軽量で暖かいのは当たり前。優れた防風性を備える生地を採用し、そこに撥水加工も施してあります。

さらに裏地には帯電防止加工。冬の静電気も軽減してくれるというワケです。

なのにな〜のに、家で洗えちゃうのがスゴイところ!

「気軽に洗えるので、なにかと汚れが気になるアウトドアシーンでも気兼ねなく使えるんです。

とくに、女性のお客様には喜ばれていますね。」

とは、ルミネ新宿店スタッフの阿部さん。

全方位に伸び〜る!

テント設営もノーストレス

加えて、生地・中綿ともに3Dストレッチ素材を採用。着させていただくと、動きやすいのなんの……!

タウンでもアウトドアでも、暖かさを追求するあまり、動きやすさを犠牲にしたのでは本末転倒。

そこで僕たちのアウトドアライフを長年支えてきたスノーピークならではのノウハウが、きらりと光ったというワケです。

「くしゃっと丸めても元に戻りやすいから、テント内で枕として使って、次の日そのまま着ちゃう方も多いんですよ!」

さすがスノーピークと言わしめる追求度!

インサレーションウェアとしてはまだまだ珍しいシャツ型で、デザインもいいんですよね。

アウトドアはもちろんタウンユースでも抜群にキマります。

スナップボタンやステッチなど、気の利いたディテールにもそそられてね……。

……と、よく見ればステッチはダブルで走っています。

細かいところまでデザインが効いているなぁ、なんて思っていたら、「実は……」と阿部さん。

「従来のモデルは、ステッチ一本だったんです。

でも、生地のストレッチ性に糸の伸縮性が追いつかず、糸が切れてしまうことが起きてしまって……。

だから、18SSのモデルから、ステッチをダブルにして強度を上げているんです!」

なるほど、“形態は機能に従う”とはまさにこのこと! ひょっとして、縫製方法にもこだわりがあったり……?

「はい。Tシャツなどでよく用いられる、糸を裏でバネのように絡ませ、素材の伸縮に追従する構造になっています。」

う〜ん、素材選びから縫製まで、抜かりなさすぎない……? 「さすがスノーピーク」と言わしめるだけあります。

人気の中わたシリーズよ、永遠に

胸ポケットには、スマホがぴったり入る。

「この先、ずっとスノーピークアパレルの永遠の定番アイテムとして愛されたら嬉しいです。」

いやはや、これだけのスペックを目の当たりにすれば、不動の定番としてライナップされることに疑いの余地なしというべきでしょう。

これからのアップデートにも期待しないワケにはいかない、要チェック!なアイテムでした。

フレキシブルインサレ―ションシリーズ[Snow Peak]

あわせて読みたい:



photographed by Yutaro Yamaguchi

10

髙阪正洋

ファッション、ライフスタイルまわりで、編集・ライターのいろはを学び、ひた走る日々。いつの日かROOMIEアイス部員に抜擢されんと、就寝前のアイスが20年以上やめられないでいることをココにしかと明言しておく。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking