ヘッドランプは、両手が空いて、目線を照らせるので、子どもにもぴったりです。

アウトドアはもちろん、散歩や非常時にも活躍します。

親子で使えそうな軽くてコンパクトで、ゴッツくないデザインコンパクトヘッドランプ、モンベルで見つけました!

軽い、小さい……オマケに防水!

単三電池1本で動くオールマイティなヘッドランプ

重さは、電池を入れても69g。Lサイズの卵と同じくらいの重さです。

頭につけるので、軽いのがいちばんですね。

さらに、しっかり防水仕様(IPX6)なのが、さすがのアウトドアスペック。

4段階のライティングバリエーション!

ロボットみたいな2つ目には、2種類のLEDが仕込まれています。

スイッチをクリックする回数で点きかたが変わるタイプ。

持ち歩いているときにうっかり点灯してしまわないよう、最初はダブルクリックで灯りが点きます。

まず点くのは、電球色

点けたとたんに突然、明るくハッキリとしたライトだと、まぶしかったり近所の家やテントを照らしてしまうこともありますが、これなら安心。

次のクリックで、白色LED。こちらはクリックで明るさを2段階に調整できます。

公式サイトによれば、明るい方は45ルーメンで36m先まで照らせるとのこと。

まっ白な、まっすぐとした光

暗~い夜道でも、充分な明るさです。

さらにもう一度クリックすると、白色LEDがチカチカと点滅

想像以上に迫力のある派手な点滅なので、充分に防犯用にも使えそうです。

首にかけても使えるよ

この「ヘッドランプ」、上下に首振りするのでライトの向きが変えられるため、ウルトラマンのランプのように胸元にも装着できます。

3分経っても消えないから、安心して!!

アウトドアだけではなく街で使うときや、頭の小さいお子さんが使用するのにオススメな変形モードです。

首かけ用の細いストラップなどと違い、ベルトもしっかりしているうえ、伸び縮みするゴムベルトなのでバッチリ。

残念なところ:ちょっとベルトが長い?

ベルトを一番短く調整して、5歳の娘にギリギリぴったりでした。

長さ調整は、小学生以上の想定なのかもしれません。

キッズ専用アイテムではないとはいえ、あと数センチ短く調整できたら……なんて思ってしまいました。

ひとり1台揃えたくなるカラバリ

僕が選んだカラーは「ホワイト」。

他にも4色のカラーが用意されていて、それぞれ印象がけっこう違います。

アウトドアにも非常時にも使える本格派なのに超コンパクトで、価格も税抜き2,200円と手頃。

家族ひとりに1台、好きな色を選んでみてはいかがですか。

子育て中のお父さんお母さんはいつも大変…! 連載「KIDS ROOMIE」では、子育てを時短して自分の時間を作ってくれるアイテムや、インテリア性の高い知育玩具などをレビューします。

あわせて読みたい:



モンベル コンパクトヘッドランプ

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking