林 美由紀

林 美由紀

1

寝っ転がって本を読みながらウトウト……気がついたらそのまま寝落ち。

こんな幸せなことってあるでしょうか。

それがおうち以外でもできるといえば……2015年に池袋にオープンした泊まれる本屋®がコンセプトの宿泊施設「BOOK AND BED TOKYO」ですね!

そしてどうやら、新店舗がオープンするようですよ~。

「泊まれる本屋®︎」が大阪心斎橋に!


©️BOOK AND BED TOKYO 2018

「泊まれる本屋®︎」がコンセプトのホステル「BOOK AND BED TOKYO 心斎橋店」が、12月13日大阪の心斎橋にオープンします!

他のBOOK & BEDの店舗と同じく、どこもかしこも本だらけ!

心ゆくまで読書を楽しめるのは間違いなさそうです。

でも、施設内の雰囲気は他の店舗と全然違う感じ……。

BOOK AND BED TOKYO 心斎橋店の特徴は……


©️BOOK AND BED TOKYO 2018

「BOOK AND BED TOKYO 心斎橋店」は、打ちっぱなしの壁や白を基調とした店内になっており、スタイリッシュなイメージ。

ロビーにはピラミッド型の本棚が!

また蔵書数は約2,000冊! これは一泊じゃ楽しみ尽くせないな……。


©️BOOK AND BED TOKYO 2018

宿泊スペースは、本棚の中にベッドが埋め込まれ、まるで本棚の中で眠るような構造になっています。

本を読むのに没頭しながら、そのまま眠ることができそう〜!

カフェ「by BOOK AND BED TOKYO」


©️BOOK AND BED TOKYO 2018

すごいのは、宿泊だけじゃありません。

併設のカフェ「by BOOK AND BED TOKYO」では本格的なカフェバードリンクメニューの提供が行われたり、宿泊者以外でもデイタイムのラウンジスペースが利用できるんだそう。

これは心斎橋店ならではですね〜!


©️BOOK AND BED TOKYO 2018


©️BOOK AND BED TOKYO 2018

提供されるのは、ブラックラテ、ブラックコーヒーゼリーミルクなど「by BOOK AND BED TOKYO」の黒を基調としたレギュラーメニュー!

そして、京都・裏寺町で人気の、フレッシュフルーツを贅沢に使った人気サワー専門店「sour」と共同開発した、溢れるブラックフルーツサンドなどなど……。

さらに提供されるコーヒーは大阪未上陸の「Coffee Supreme」の豆を使用しているのだとか。

営業時間は11:00から20:00までの営業で、宿泊者以外の利用やお持ち帰りも可能となっています。

出張や大阪に遊びに行くときには、眠る前のひと時まで余すところなく、のんびりできる至福な時間を過ごしてみるなんて最高だな。

どこもかしこも本だらけの泊まれる本屋で。

あわせて読みたい:



「泊まれる本屋」が大阪・心斎橋に!12月13日 「BOOK AND BED TOKYO」が6店舗目となる新店舗をOPEN [PRTIMES]

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking