8

12月ももう中盤……。そうこう言っている間に大掃除が迫っています!

1年の締めくくりとして、今年の汚れは今年のうちに片づけてしまいたいもの。

でも、お風呂場などの水回りって、細かいところまでピカピカにするのが大変なんですよね……。

色違いで見分けやすい! 使い分けられる2タイプのブラシ

そんな細かい水回りの掃除で役立つのが、ニトリの「ツイン目地ブラシ」

ハード(紺)とソフト(白)の2タイプの毛先で、汚れや素材に合わせた使い分けができるんです。

ガシガシつかえるハードタイプ!

ハードブラシは、固い素材の壁や、タイルのくぼみの掃除にピッタリ!

力を込めて洗いたいバスルームの角も、ブラシがヘニャッと折れずにガシガシ洗ってくれますよ!

鏡の角なども、キレイに汚れをそぎ落としてくれます~。

やわらか素材はソフトブラシで優しく!

ソフトブラシは丸みのあるバスタブのふちや、やわらかい素材の風呂フタを掃除するのに最適。

傷つきやすい素材でも柔軟に毛を曲げて、汚れをしっかりかき出してくれます。

持ちやすく使いやすい柄

やわらかなカーブな描いた柄がちょうど握りやすく、それぞれのブラシの長さも丁度いい!

ずっと握っていても疲れにくいところも、根気のいる大掃除に向いている理由の一つです。

サイズもコンパクトなので、小回りがききますよ~!

さらに…実はまだある極小ブラシ!

ブラシの背中についた水色の部分を引っ張り出していくと……

なんと、さらに小さいブラシが登場!

大きいブラシだと磨き残しが出てしまう蛇口の掃除で活躍してくれちゃうな~!

ひっくり返せばピンセットに!

さらにさらに、ひっくり返せばピンセットとしても活躍します。

この小さいボディに4つの使い方が隠されていたとは……! 正直驚いちゃいました。

排水口に眠るヌルついたゴミや髪の毛は、コレで取り去っちゃいましょう!

残念なところ:折りたためれば最高でした

使っていて不満な点などは少ないのですが、あえて挙げるなら折りたためたらもっと嬉しかったかな……。

本体についた穴に紐を通してぶら下げていますが、吊るしていると少しだけ邪魔になることも。

でも、これ以上を求めるのはさすがにワガママなのでしょうね。

使えるのはお風呂場だけじゃない!

ブラシの素材は水ハケが良いので、洗面台、キッチン、トイレなどの水回り全般で大活躍してくれそうな予感!

価格は307円(税込)なので、複数買いして、各場所を細部までツルピカにしてもいいかもしれませんね。

これから年末の大掃除始めるという方、水周りにはコレをぜひお試しくださ~い!

あわせて読みたい:



ツイン目地ブラシ(TMB-WK)

8

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking