無印良品で大人気の、レトルト食品。

カレーシリーズが有名ですが、本格的なエスニック料理を家庭で手軽に楽しめるのはうれしいですよね。

そんな無印のレトルト食品から今回は、「麺にかけて食べる」シリーズ、全6種を徹底比較しました!

温めてかけるだけ〜

無印良品の「麺にかけて食べる」シリーズ。特徴は、とにかく手軽で、とーっても本格的だということ

パウチを温め、麺にかけるだけですぐに食べられます。

しかもすべて「化学調味料、合成着色料、香料不使用」だから安心!

「カレーうどんスープ」「あんかけパスタソース」以外は、無印良品のノンフライ乾燥麺と合わせていただきます。

それでは早速、全6種を食べ比べしていきすよ〜!

ツンとくる本格的な辛さ!

四川風麻婆ソース 290円(税込)

まずは豚肉とタケノコを、七味唐辛子で合わせた「四川風麻婆ソース」から。

輪切りの七味唐辛子がかなりの量で入っていて、鼻にツンとくるほど辛い……。

そして花椒(ホワジャオ)の複雑な味が口の中に広がり、華やかに香ります。

少し濃いめの味付けなので、お湯で調節してみるのがいいかもしれません。

蕎麦屋で食べる味!

カレーうどんスープ 350円(税込)

続いて、日本人にはおなじみのカレーうどん

豚肉、油揚げ、人参といった具材がごろごろ入っていて、食べごたえがある〜

サバやムロアジ、カツオなど数種の削りぶしを使っているので、出汁の味わいも効いています。

少し濃いめで、うどんともしっかり絡んでおいしい!

お母さんの料理みたい…

長崎ちゃんぽんスープ 350円(税込)

普段あまり食べる機会がない、長崎ちゃんぽん

レトルトを麺にかけてみると、スープがたっぷり、そして具がたくさん!

パウチを開けた瞬間に、アサリの風味がふんわりと香ります

アサリ、コーン、キクラゲ、豚肉などたくさんの具材と、麺とが絡み合っていておいしい〜。

お店で食べるちゃんぽんというよりも、お母さんが作ってくれたような優しい味です。

甘じょっぱさがクセになる!

「ジャージャーソース」(290円、税込)

お次は甜麵醬をたっぷり使用したジャージャー麺。

黄色い麺の上の、真っ黒なソースが食欲をそそりますね。

豚肉や人参、ジャガイモがゴロゴロと入っており、少し甘めの甜麵醬としょっぱさのハーモニーが絶妙……

一見辛そうな見た目ですが、まったく辛くなく、小さいお子さんでも食べられそう。

辛さとクリーミーさのバランス

胡麻味噌坦々スープ 290円(税込)

続いては、中華好きにはたまらない胡麻味噌坦々麺

胡麻と豆板醤、味噌を合わせたスープを細麺にかけて、いただきま〜す!

細かく刻まれた豚肉、タケノコ、ネギ、シイタケに、花椒(ファジャン)の香りがふわっと香ってきます

ねり胡麻のクリーミーな味わいの後に、しっかりとした辛さが届くのですが、辛すぎず、とっても食べやすい!

食欲そそられる〜

あんかけパスタソース 290円(税込)

名古屋ではおなじみのあんかけパスタですが、レトルトでは珍しい商品ですよね!

トマトベースの赤いソースにコーンがたっぷり入って、彩りもよく、食欲をそそる!

口当たりは少し甘めなのですが、後から大粒ブラックペッパーの辛さが残ります

結構辛く、本格的なあんかけパスタの味が楽しめますよ。

一番おいしかったのは……

6種類食べ比べてみましたが、どれも家庭では再現できない味ばかり……。

レトルトとは思えない食べ応えでした。

どれもすごくおいしかったのですが……個人的には、「長崎ちゃんぽんスープ」がベスト!

夜遅く疲れて帰ってきたとき、手軽にさっと食べたくなる、体にじんわり染み込むおいしさでした。

冬の夜長に無印のレトルト麺を食べれば、体も心もあったかくなりそう〜!

あわせて読みたい:



麺にかけるスープ[無印良品]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking