深夜、トイレに起きたとき。部屋の電気を消して暗闇の中をベッドまで歩くとき……。

ベッドのそばに小さなランプがあれば便利だけど、わざわざ用意すると場所をとるし……。

じゃあ例えば、ベッドの下にランプがあるのはどうですか?

ベッドの下が光ってる…

まるで天から舞い降りてきたかのように神々しいベッド……。

実はこれ、ベッド下に取り付ける間接照明がついたベッドなのです。

確かにこれなら場所をとらないし、暗闇でも足元は明るいから、どこかに足をぶつけずに歩けそう。

ベッドの下を光らせるっていう発想はなかったなあ……。

人感センサーつき!

人感センサーで明かりがつくようになっているので、眠い中照明のスイッチを探す必要もなし。

ベッドの下が光っているだけなので、寝ている人も起こさないのは助かりますね〜!

照明の自動オフ機能は、10〜30分の間で調節可能。

もう少し短くてもいいような気がしたけど、自動でオフしてくれるなら、電気つけっぱなし!って怒られることもなくなりそうです。

3年以上もつって〜

ライトは30,000時間の使用ができ、年数にすると3年以上つけっぱなしにしていてももつんだとか……。

かなりタフだ……。

17,609円とお高いですが、日本でもアマゾンで購入できるみたいですよ〜。

このランプがあれば、家のなんでもないベッドも一気に神々しくなりそうだ……。

あわせて読みたい:



MyLight: An Under-The-Bed Motion Activated Night-Light

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking