林 美由紀

林 美由紀

47

新しい年を迎えるにあたって、いっちょ片付けをはじめますか!

でも、衣装ケースや収納ボックスだとちょっとマンネリ感や生活感を感じてしまったりして。

せっかくだからもっといい物探したいな~。

探してみれば色々なコンテナやボックスってあるんですよね!

シェルフとキャリーの1つ2役

ビビッ! と来たコンテナを見つけたのは、なんとキャンプギアなどで有名なアウトドアメーカー「スノーピーク」。

艶消しのシルバーでシンプルな見た目。

「シェルフコンテナ」という名前の通り、シェルフ(棚)機能と荷物運搬のキャリー機能が一体化したコンテナです。

1個の積載量な20kgで、3個まで積み重ねることができる頑丈さ。

アウトドアではもちろん、家の中でも!

アウトドアでは、焚火用の薪や燃料、調理道具、食材などを入れたりするのに重宝します。

車に重ねて収納することもできます。

また、物を運んだあとは、ボックスを開いてシェルフとして使うことができるんです!

また、大きいサイズの「シェルフコンテナ50」は、専用フック「シェルフコンテナコネクション」を使って「マルチファンクションテーブル」と連結させることが可能!

使い方の幅が広がりそうですね〜。

そして、もちろん家の中でも収納ボックスとして使うことができます。

シンプルさとちょっとした無骨な感じが、インテリアにちょっとしたアウトドア感を与えてくれますね。

リビングで、キッチンで、ガレージで、お庭で……。

そのまま服や道具、小物などを入れる収納ボックスとして使ってもよし、ロックを解除して棚に変形させて、マガジンラックなどとして使ってもいいですね。

開いた状態でも3段まで上に重ねることができるので、2段目3段目に入っているものも取り出しやすい。

これならボックスとして使ってもシェルフとして使っても、生活感を気にしなくていいかも。

アウトドアメーカーのスノーピークだからこそ、頑丈さも信頼できるのがいいなぁ。

どこで何を収納するか考えるのが楽しみになりそうです!

あわせて読みたい:



シェルフコンテナ 50 [snow peak]

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking