3

今年も残すところあとわずか。

そろそろ大掃除を考え始めるころですが、細かいところまでやるとなると作業も一苦労。

だけどサッシの隅までピカピカにしたら、きっと気持ちよく新年を迎えられるだろうな〜。

救世主現る!

そんな私のもとに現れた救世主が、ダイソーの「ペットボトルプラス」シリーズ

ダイソーをでお買い物をしていて「これは…!」と、思わず手にとってしまったアイテムです。

使い方はカンタンで、空になったペットボトルの先に取り付けるだけ

廃棄するはずのペットボトルが、水洗いに便利なお掃除道具に早変わりしてくれるんです。

早速このペットボトルプラスシリーズを使って、おうちの隅々をキレイにしてみましたよ〜!

窓のサッシは…

まずはスキマ掃除にぴったりな「スリムブラシ」を使って、汚れがたまりやすい窓のサッシを掃除してみました。

掃除しにくいサッシの隙間に丁度よくフィットしてくれて、なんだか楽しくなるほど!

ブラシ下についている赤と青のボタンは、栓を開け閉めできるプッシュ装置

水を出さずにゴシゴシしたいときも、ワンタッチで操作することができるんです。

今まで掃除をするたびにバケツを持ってきて、いちいち水をかけていたのが嘘のよう……!

車や窓ガラスのお掃除には……

先の尖った三角形の「スポンジ」は、車や窓ガラスのお掃除に

先端部分が小さくなっているため、小窓にぴったりなサイズです。

ペットボトルを押すことで水量の調節もでき、水が出過ぎることがないのがうれしい〜!

車の掃除に関しては、ホースでじゃぶじゃぶ洗った方が早いのでは……

と思いましたが、鳥のフンや部分的な汚れのお掃除にぴったりです。

中にあらかじめ少量の洗剤も混ぜておくと、使い勝手も一段と良くなりますよ!

残念なところ:毛先がすぐに痛む…

残念だったのが、数回使っただけでブラシの毛先が傷んでしまったこと……。

ただ、ブラシはいずれ汚れてくるので、傷んだときは替えどきと思って諦めるのがベターです。

また、プッシュ装置を閉めていても、口から少し水が漏れてしまうことも……。

まあ、100円だからこの辺はしょうがないのかなあ。

節水にもエコにも!

他にも「ワイドブラシ」や「ミニブラシ」など、さまざまな種類が販売されているので、用途によって使い分けてみてくださいね。

「ワイドブラシ」は浴室のフタや床、「ミニブラシ」はサッシや扉の溝の掃除に便利です。

水道が遠い場所でも使うことができるので、玄関やベランダなどに置いておけば、靴や自転車の汚れ落としにも役立ちそう

ペットボトルの再利用と節水で、今年の汚れはエコに隅々までキレイにできそうです!

あわせて読みたい:



100円ショップ「ザ・ダイソー」

3

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking