3

アウトドアで活躍する高機能なカッコいいウェアたち。

保温性や防水性が高いので、とっても頼りになりますよね~!

アウトドアだけじゃ勿体ないし、私は普段からガシガシ愛用しちゃってます。

最近のお気に入り!

いくつか持っているウェアの中で、最近のお気に入りがコイツ!

コロンビアの「ウッドロードジャケット」というレインジャケットです。

マスタードカラーがかわいいコイツは、アウトドアだけじゃなくシティでも着ていける優れモノなんです~!

防水性バッチリ

コロンビアが独自開発した「オムニテック」という防水透湿機能を持った生地が使われており、防水性はさすがの一言。

水を弾くだけでなく、乾いた布で一拭きするだけで、シミも残しません。

また、すべての縫い目部分に防水シールが貼られているので、内側への浸水もありませんよ~!

寒くなったら合体させよう

裏地はサラサラしたメッシュ素材で、蒸れにくく着心地もいいですよ~!

メインのフロントファスナーとは別に、別売のインナージャケットを接続するためのファスナーが内側にもう一つ!

寒さが増してきたときには、それを接続して保温性を高めようと思います。

めっちゃ動きやすい!

街でもアウトドアでも、大切なのは動きやすさ。

このジャケットは、肩の立体裁断脇と、ワキとヒジについたマチのおかげで、腕の可動を邪魔しないつくりに。

重さもあまりないので、着ていて疲れにくいのが本当にありがたい……。

袖口にはベルクロのしぼりもついていて、風の侵入を防ぎます。

フードがいらないなら外しましょ

フロントの開閉部分には、ファスナーとは別にベルクロもついた二重構造を採用。

かなり深めにかぶることのできるフードもあいまって、頭を雨風からガッチリガードしますよ!

そしてこのフードは取り外しも可能なので、シーズンによっては外したままでも良さそうです。

フードのない状態だと、すこしスッキリした印象になりますね。

残念なところ:もうちょっと収納力があっても…

ポケットは正面に2つと、内側に1つ

内側のポケットには、貴重品をつないでおける小さいクリップがついています。

ただ、もうすこしポケットの数があっても嬉しかったかな……と思ってしまうのは贅沢でしょうかね。

頼れる相棒になってよね

これだけの機能性と寒さが増した時の拡張性もあるのに、価格は23,760円(税込)と、アウトドアウェアとしては控えめなお値段。

アウトドアだけじゃなく、毎日の暮らしのなかでも使っていける「ウッドロードジャケット」。

これから長くお世話になるつもりだから、よろしく頼むよ……!

あわせて読みたい:



3

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking