野田 翔

20年。もし人間ならば、成人です。

「椅子の巨匠」こと、ハンスJ.ウェグナーが1949年にデザインしたYチェア。60年以上に渡り、不動の人気を誇っています。

しかし、一体どこがそんなに魅力なのか、20年使ってきたIさんに聞いてみました。

60年愛されるだけの形

やっぱり、まずは形としての美しさじゃないでしょうか。

光に当てたり、見る角度を変えたりする度に、いろいろな表情を見せてくれるんです。

後ろから見た姿なんてね、ちょっと彫刻的ですらあるんですよ。

そう語りながら、どこか遠い目でYチェアを見つめるIさん。

末の娘が生まれたタイミングにカール・ハンセン&サンで購入してからはや20年。

家族の歴史を共にしながらも、まだまだ飽きは来ていないといいます。

疲れない座りごごち

「座ってみてもいいですか?」と聞くと、「もちろん」と嬉しそうなIさん。

少し遠慮しながら礼儀正しく座ってみると、「違う違う、そう座るんじゃないんです」とIさん。

Yチェアは「くつろぐ」ことにこそ、その力を発揮するんです。

例えば、背板が斜めになっているから、もたれて座ることに適してる。

なにより背中のY字に注目です。そこが二股になっているから、寄りかかっても背骨が背板に当たらないでしょう。

なるほど、もたれてみると確かに痛くない!

背板にクッションがあるわけではのに、デザインの工夫ひとつで気持ちよく座っていられるんですね。

長ーく使える

このYチェアはね、15年目くらいで一回ペーパーコードを張り替えてもらってるんですよ。

※ペーパーコード:Yチェアのヒモ。実は紙でできてる。

表面も磨いてもらってね。だから、20歳とは思えない美しい木肌をしているでしょう。

まったくその通りです。話を伺うまで、てっきり新品なのかと思っていたほど。

リペアは手間や金額など、大変ではないのでしょうか?

いや、ぜんぜんですよ。青山のカール・ハンセン&サン ジャパンに持っていけば、2週間くらいでやってくれますから。

金額も確か2万円くらいだったかな。すごくキレイになって帰ってきてくれて、感動しましたよ。

う〜ん、この手厚いサポートが愛好家を増やしていくのかもしれない……。

価格的にも手が届きやすいのが嬉しい

あとはね、こんなことを言うとアレだけど、比較的手が届きやすいんですよ。

本体価格で10万円くらい。名作椅子ってどうしても30万とかするものも多いからね……。

それに比べたら手が届くし、すこし頑張れば何脚か購入できるから。

そう口にするIさんは、窓際のワークデスクにYチェアを添えていました。

毎年1万脚が日本市場に出ると言われるYチェア。

不思議とMacとも調和するその姿に、一体どれだけの家庭で愛され、親から子どもに受け継がれてきたのか思いを馳せてしまいます。

ー僕もいつか、息子や娘に受け継いでみたいな。そう思いながら、I邸を後にしたのでした。

ROOMIE編集長。趣味は植物漁り、インテリアショップ&古着屋巡り、アウトドア、銭湯、映画とマンガと児童文学、そしてゲーム。自販機のお釣りをとるのが世界一ヘタクソ

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking