cinemachan

cinemachan

14

秋から冬にかけて、一枚は欲しいタートルネックセーター。

でもいろんなブランドから同じような商品が出ていて、どれを選べばいいかわからない……。

そんな方のために、無印良品とユニクロのタートルネックセーターを実際に着て比べてみました!

実際に着てみました

こちらは無印良品の「首のチクチクをおさえた 洗えるタートルネックセーター」。

こちらはユニクロの「エクストラファインメリノ リブタートルネックセーター(長袖)」。

同じLサイズを着ていますが、ユニクロのほうが若干丈が長く、手首まで伸びています。

次は全体像を見てみましょう。こちらは無印良品。

こちらはユニクロ。

一見あまり違いはないように見えますが、同じ白でも無印良品のものは少し透け感が出てしまいます。

下着が透けやすい白をチョイスする場合は、厚みのあるユニクロのほうが安心して着られそうですね。

今回はゆったり着れるLサイズを選びましたが、私は普段Mサイズなので試しにユニクロのMサイズを着てみました。

洗うと縮んでしまうかもしれませんが、ぴったり着たい方は普段のサイズでもよさそうです。

着心地がいいのは

気になるのは、無印良品の商品名である「首のチクチクをおさえた」という部分。

実はユニクロのセーターが100%ウールなのに対して、無印良品のセーターは襟のみウールではなく綿50%、ポリエステル50%の素材になっているんです!

たしかに着てみると、無印良品のものは襟部分がないかのように感じるほど着心地がいい!

またこちらにはウール特有の伸びがありません。ユニクロのセーターを引っ張ってみると……

一方無印良品のセーターは……

無印良品はユニクロと比べてほとんど伸びません。

そのため脱ぎ着するのが少し大変というのがデメリットですが、

無印良品のものは首元にタグもなく、着心地にこだわっているのがわかりますね。

気になるお値段は

ユニクロではこの商品は女性用のみとなっており、2145円(税込)。

無印は女性用が2990円(税込)、男性用は3990円(税込)とお高めですが、

11/15までセールをしており、500円引きになっています。

無印の方が少し高いですが、そこまで大きな違いではないとも言えますね。

結論!

ここまでいろいろと比べてきましたが、

着心地を重視するなら無印、ゆったりと着たい場合や白いカラーを選ぶ場合はユニクロがベストと言えるのではないでしょうか!

無印のセーターには「洗える」という名前がついていますが、ユニクロのものも家庭の洗濯機で洗えます。

どちらも人気商品なので、在庫がなくなってしまう前に店舗で試着してみるのがおすすめですよ!

あわせて読みたい:



無印良品 洗えるタートルネックセーター
ユニクロ リブタートルネックセーター

14

cinemachan

都内の大学生。文学などを学んでいます。おうちがだいすき。ぬいぐるみもだいすき。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking