2

アウトドアやフェスに行く時、足場が悪い中で動くこともしばしばありますよね。

そこで欲しくなるのが、ひざの高さまであるレインブーツ。

でも長靴って重いしダサいし動きにくいしかさばるし……。

そんな固定概念を打ち破ってくれるレインブーツに出会っちゃいました。

折りたためる!

そんなレインブーツを出してるのは、意外にも「日本野鳥の会」

過酷な環境でのバードウォッチングにも対応できるよう、膝の高さまでしっかりカバーしてくれます。

その上なんと……

クルクルたたんで持ち運べちゃうんです!

付属の袋に入れれば、

こんな風にしてコンパクトに収納可能!

どこにでも持っていけて、使いたい時取り出せるのは長靴としてはかなり便利ですね。

完全防備できる

防水靴はいっぱいありますが、やっぱり膝まで隠せると水や泥の侵入を防ぐ能力は段違いです。

これならどんな雨でも完全防備だ……。

またバードウォッチング用に作られてるだけあって、動きやすさも魅力の一つ。

足首の部分がフィットする作りになっているから、動いてもブカブカしません。

残念なポイント:使う場所によっては疲れちゃうかも…

このレインブーツ、持ち運びやすさのためにかなり底が薄くなっています。

そのためアスファルトを長時間歩いたりする場合は足へのダメージが強くなってしまう可能性も……。

疲労軽減のための中敷きが別売りで販売されているので、長時間歩く場合はそれを使うのが良いかもしれません。

お手入れ方法もわかりやすい

どんなものでも、長く使うためには使用後のお手入れも必要です。

でも、このレインブーツは付属の説明書にやり方が書いてあるのでそれに従えば大丈夫!

基本は濡れた布などで汚れをサッと拭いて、中敷を外して新聞紙などを丸めて入れて保管すれば安心です。

思いっきり使ったな、と思ったら、たまに「徹底洗浄」もしてあげたいところ。

アウトドアやフェスのほか、動きやすさからガーデニングやキャンプへの使用も推奨されているこのレインブーツ。

一足あれば、どこへ行くにも安心です。

あわせて読みたい:



日本野鳥の会 バードウォッチング長靴[Amazon]

2

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking