サスティナブルキッチン ROSYのメニュー

サスティナビリティ(持続可能性)に力をいれた街づくりが、世界中から注目を集めているアメリカのポートランド。豊かな自然と都市が共存し、「食の都」「環境都市」「地産池消の街」とも呼ばれています。

そんなポートランドにインスピレーションを受け、この秋、東京・神田にオープンしたレストランがあります。その名は「サスティナブルキッチン ROSY」。

店舗全体がエシカルなお店

サスティナブルキッチン ROSYの店内

自然循環型のライフスタイルを提案する株式会社オーガニッククルーが手掛ける、持続可能型レストラン、「サスティナブルキッチン ROSY」。

契約農家の農薬・化学肥料不使用のオーガニック食材にこだわり、 人々の健康に繋がるようなファームtoテーブルによる新鮮な料理を提供しています。

契約農家からの有機食材

注目すべきは、料理だけでなく店舗全体で“環境・人・健康“に配慮した空間を実現しているところ。

環境や動物の生態系に影響を及ぼすプラスチック容器やストローは不使用。店内のリネンや、スタッフのユニフォームはオーガニックコットンが使われています。

スタッフのエプロンにも、廃棄予定の野菜を染料化することで染められた素材「フードテキスタイル」を採用するといった徹底ぶり。

有害物資を出さないフライパン、「グリーンパン」

さらに嬉しいのが、調理器具に有害物資を出さないフライパン、「グリーンパン」の最新モデルを使用しているところ。

また店舗は築60年の古民家をリノベーションして創られているので、おしゃれで趣ある空間になっています。

迷わずにいられない豊富な種類の野菜メニュー

メニューを見ると、オーガニックフード、グルテンフリー、ベジタリアンやヴィーガンメニューなど多種多様なニーズに応えてくれるラインナップになっています。

サスティナブル野菜のディップサラダ
サスティナブル野菜のディップサラダ 1,200円(税抜)

とくに野菜メニューの種類の豊富さには驚き。

なかでもイチオシは、野菜で作った2種類のムースをディップする「サスティナブル野菜のディップサラダ」。契約農家から仕入れた旬な有機野菜を、野菜でディップするのです。こちらはベジタリアンメニューとなっています。

北海道産大豆とビーツのフムス
北海道産大豆とビーツのフムス 480円(税抜)

ひよこ豆をペースト状にした「北海道大豆とビーツのフムス」や、ケッカソースで爽やかにいただく「マッシュルームのセゴビア風」、玉ねぎとディルの特製ドレッシングで食す「ファーマーズ ヴィーガンサラダ」なども。

新鮮な食材を使った、あざやかなビジュアルも目を引きます。ベジタリアンやヴィーガンメニューに対応しているのもうれしいポイントです。

五つ星ビーフや、ここだけでしか飲めないワインも

九十九里オーシャンスタービーフ タリアータ
九十九里オーシャンスタービーフ タリアータ 2,800円(税抜)

肉メニューでおすすめなのは、九十九里の潮風と大地で育てられた五つ星ビーフをグリルで焼き上げた九十九里オーシャンスタービーフ タリアータ」。口の中で溶けるきめ細かいサシを、旬野菜やルビーポルトのソースと一緒に楽しめます。

ほかには九十九里オーシャンスタービーフを使ったローストビーフや、アメリカのテネシー州のBBQ「渥美半島 保美豚 テネシースペアリブ」なども。

もちろん、「ヤリイカとキノコのアヒージョ」といったシーフードメニューもあります。

関塚農場 平飼い卵のプリン
関塚農場 平飼い卵のプリン 480円(税抜)

そのほか、ミモレットやブリー、フルムダンベールなどのチーズ。平飼い自然卵を使った「平飼い卵のプリン」、サクサクした食感が楽しめる「チーズケーキクランブル」などのデザートメニューも揃っています。

国内で唯一取り扱っているというオレゴンワイン、「ROADS END」、「SEVEN DEVILS」も見逃せません。

これらの料理はもちろん、店内の細部にわたり世界中で受け繋がれてきた文化・ものづくりを大切にしている「サスティナブルキッチン ROSY」。このエシカルな空間で、大切な人と心地よいひとときを堪能しませんか?

[サスティナブルキッチン ROSY ]
住所:東京都千代田区神田北乗物町11
TEL:03-6262-9038
営業時間 :11:00 ~23:30( L.O.22:00)
定休日 :日曜日・祝日

オーガニックフードが気になる方は

Ranking