むく太郎

7

秋も深まって、郊外の山々は橙色に染まり、アウトドアレジャーやスポーツをするのに気持ちのいい季節になりました。

最近はランニングをはじめて、痛感するのはやはり水分補給の大切さ

アウトドアユーズにもタフに対応できて、洗練されたデザイン。そのうえ、部屋でも面白い使い方ができるボトルを見つけました!

mobot MBZ01 / Firecracker

こちらアメリカ発の「MOBOT フォームローラー」。

容量は530ml(他にもサイズ展開あり)でミネラルウォーターやスポーツドリンクを入れておくのに最適です。

サイズは、直径10.7cm高さ23.3cmですが、かなりインパクトのあるフォルムとなっています。

スチールに樹脂を施したボトル

ユニークなスタイルはさることながら、特筆すべきはその機能性

フィートフォームプレス」という熱プレスでスチールのボトルに、サンダルの底やバスマットに利用されているEVA樹脂という素材を圧着させています。

このおかげでアウトドアなどのハードな環境もラクラクに対応する頑丈な作り。持った感じはかなり硬めの感触です。

残りわずかになっても最後まで飲み切れる

仮画像アクリル製のキャップ先端部分を立ち上げるとストロー型の飲み口になっています。

サイレントストローという仕組みが採用されており、残りわずかになっても「ズズッ」といういやな音を立てず、最後まで静かに飲むことができてスマート

水筒でありながら、エクササイズができる

そしてこの水筒、ただの水筒ではございません。筋肉のストレッチ、関節痛の緩和、コリの解消にも使えるフォームローラーになるんです!

アウトドアやスポーツ前後に筋肉をほぐすのに最適。

ストレッチしたい部分このMOBOTをあてて、ローリング。普段の凝り固まったカラダをケアするのにかなり効果的です!

残念なところ:保温・保冷はできない

構造上、保温や保冷はできないのが残念なところ……。

さらに熱い飲み物はスチール部分が高温になるので、注意が必要です。

ミネラルウォーターやスポーツドリンクをメインに使うのがいいのかもしれません。

インパクト抜群のエクササイズボトル

これからランニングや、山道を駆け抜けるトレイルランにチャレンジするのを考えている方もいるのでは?

どうせなら、水分補給とエクササイズが一度にできるボトルを持つのもいいかもしれません。

外でしか使わないのは、もったいない…! 連載「アウトドアな家暮らし」では、“部屋の中でも使える“アウトドアグッズをレビューします。

合わせて読みたい:



MOBOT(モボット) フォームローラー ウォーターボトル [Amazon]

7

DIYブログ「SHIe」執筆者。 民家改装という大仕事に触れ、DIYの楽しさ・素晴らしさに気付き、のめり込んでしまった平成生まれのサラリーマンです。 そこから生活の仕組みを探し始め、ブログ「DIYサラリーマン・むく太郎EX」を2015年より執筆。 2017年ごろから、DIYでさまざまなチャレンジをし、人生が大きく変わっていく。 「どうやったら、今より、良くなるか」 これがぼくの「DIY」の軸。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking