9

Dyson(ダイソン)の商品って、これは欲しいぞって思わせる力がハンパなくてズルイ!

でも高いんでしょ、Dyson Airwrap™ スタイラー(ダイソン エアラップ スタイラー)。

ビューティー部門から、期待の新商品が

ダイソンは、過度な熱にたよらずにカール、ブロー、ドライを思いのままにする器具を発表しました。

いわゆるヘアアイロン、ブラシ、ドライヤー機能がついているこちら。

よくあるヘアアイロンは熱を加えてカタチをつくるのに対して、

少し濡れた髪に風と温度でカタチを固定する方法を採用しています。

過度な熱で髪が痛んだり、ヘアスタイリングツールが使いこなせない人(私もそうです……)が多い中で、

自分でカンタンに、希望のヘアスタイルができあがるツール。

モデルさんと雑賀英敏さん

発表会に登壇した、TONI&GUY JAPAN代表のスタイリスト・雑賀英敏(サイガヒデトシ)さんは「すべてが変わるプロダクト」であると言っていました。

革新的で、美容師の自分たちの身が引き締まる思い、とのこと。

そのくらい、どんな髪質の人でも、自由にセットが楽しめるということなんですね。

おもしろい! 髪を近づけるだけで…

今回の最大のポイントは「コアンダ効果」を使っていること。

空気力学などに応用されるもので、高速・高圧の気流が、物体の側面に沿って流れる現象、だそうです。

ダイソン独自のデジタルモーターV9が生み出す気流で、このコアンダ効果を発生。

本体を髪に近づけるだけで、くるくる……髪を巻き込むんです。

25年以上、流体力学の技術研究に取り組むダイソンならではの技術を発揮してます

巻きついて、そのまま5〜10秒間おけばカールが完成

カールをつけたい方向(内巻きか、外巻きか)によって、アタッチメントの矢印を見て、取り付けます。


気流を望みどおりの方向にコントロールできるので、うねる髪もブラシでとかすだけでサラサラ

「コアンダ効果」の風の動きで髪に吸いつき、ストレートながらも自然な動きが出て、モデルさんの髪はツヤツヤになっていました。

あらゆる髪質に対応…アタッチメントの数が多い

ボリュームやコシのある髪を求る人にも、落ち着けなめらかさにしたい人にも対応するため、いろいろなアタッチメントが付属しています。

カーラーは30mmと40mmの2種類、

髪をなめらかにするスムージングブラシはソフトとハードの2種類、

根元を立ち上げるラウンドボリュームブラシ、

そしてドライヤー。ダイソンのドライヤーが欲しかった人は、コレを買う手もありますね〜。

残念なところ:着脱はマグネット式じゃない

ドライヤーのマグネット式着脱はかなり快適&ラクチンだったのですが、今回のアタッチメントには採用されていません

カチッとはめて、外すときはボタンワンプッシュではありますけどね。

また、時計まわりと反時計まわりのシンメトリーカーラー、初心者もわかりやすいし、おもしろい発想だったんですが、1回のヘアセットでいちいち付け替えるのが少し面倒……

と感じた、ズボラ者でした。

セットは2種類

ドライヤー同様、触れても熱くないクールタッチティップなのと、

髪を乾かしながらスタイリングするので、朝のヘアセットの時間短縮になりそうです。

すべてのアタッチメントが入ったセット・Completeで64,800円(税込)、

スムージングブラシ(ハード)とボリュームブラシがナシのセット・Volume+Shapeで59,400円(税込)。

ダイソン公式オンラインストア、ダイソン直営店ですでに発売開始で、11月31日よりその他店舗でも順次発売予定です。

Dyson Airwrap™ スタイラー[Dyson]

あわせて読みたい:

9

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking