林 美由紀

林 美由紀

1

自分だけの城を手に入れたら、絶対にレトロモダン!

そう決めて時間ばかりが過ぎていますが、レトロなものって、その色、デザイン、たたずまいまで、ときめいてしまいます。

家具でもチャレンジングで「無難」ではないし、完成形ではないその全てが魅力的!

創業75周年イケアの新アイテム

スウェーデン発祥のホームファニッシングカンパニーのイケアは、創業75周年記念限定コレクションを今年の8月から3回に分けて発売しています。

過去75年のうちの特定の時代にフォーカスしているこのシリーズの第2弾は「1970年~80年代」。

イケアの1970年代~80年代

1970年代~80年代は大胆でカラフル、愉しさがあった時代。

そして、この時代を代表するイケアの家具といえば、「KLIPPAN(クリッパン)」。

クリッパンは、綿入りジャケットのような布地がカッコよくてカラフル。

当時はお手頃価格なソファの先駆けでもあったんですって。

75周年記念コレクションでは鮮やかなイエロー、燃えるようなレッド、クールなコバルトブルーの新色カバーで登場します。

デザイナーが、クッション材や布地なしに座り心地のいいアームチェアが実現できないかと模索することで生まれたチェア「RAANE(ローアネ アームチェア)」も目を引きます。

他にもペンダントランプ、ガラス扉キャビネットなどもお目見えします。

70年代~80年代のイケアを懐かしんだり、まったく新しいシリーズとして触れてみると新しい発見があるかもしれませんね。

第3弾の「1990年代~2000年代」のコレクションは12月発売予定です。

いずれも数量限定発売となっていますので、気になる方は今すぐイケアへ!

イケアの歴史も、自分の歴史も感じながら、「レトロなよさ」に包まれてみたいものです。

あわせて読みたい:



ROOMIE(ルーミー)

イケア創業75周年記念限定コレクション第2弾 [PRTIMES]

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking