tsuzuki

tsuzuki

2

いまこそキャンプの時期です。

暑すぎず、寒すぎない。

このタイミングを逃したら、凍えるキャンプか、半年以上待たなければなりません。

そこで、「まずはテントを買わなければ!」という方にぜひ紹介したいアイテムがあります。

安くて手軽なテントでもいいのですが、快適な住環境を求めているのなら、ぜひこれを。キャンプ初心者に特におすすめ……。

そう、スノーピークの定番テント「アメニティドーム」です!

「アメニティドーム」のいいところ①設置が簡単

初心者にとって一番の難点は、テントの設置。普段見慣れないポールが何本もあったり、後ろ前がわかりにくかったり……。

その点アメニティドームは初心者でもすぐに設置できるよう、ポールと差す部分に色分けがされており、どこに差したらいいのか一目瞭然です。

ちなみに収納時は横幅74センチにまとめることができ、写真のようなかたちに(潰れてますけど)。重量は8キログラムです。

ポールを差したら、すぐに室内空間(インナーテント)ができあがります(設置方法は下記の動画をご参照ください)。

外側のシート(フライシート)をかけて、ペグを打ったらほぼ終了!

初めての設置でも、30~40分程度あればできますよ。「ひとりで」設置するともう少しかかるかもしれませんが。

こちらの非常に冷静かつ丁寧な説明を施している動画を見れば、手順がわかります。

ペグを打つハンマーだけ準備してくださいね。

いいところ②初心者にとってうれしい価格設定

これだけ本格的なテントは、5~10万円はするでしょう。

でもこの「アメニティドーム」はMサイズで税抜32,800円

完全に初心者向け価格なのです!

ちなみにテントの入り口付近にある2本のポールは商品の中に含まれていないので、お気を付けください。

スノーピークの公式ポールは税別5,300円なので……ちょっと渋ってしまい、今回は友人に借りました。

もちろん、ポールはなくても問題なく、テントとして成立します。

いいところ③広い!余裕でゴロゴロできます

「アメニティドーム」は、とにかく広いのです。

このMサイズは大人2人、子ども3人が入るサイズとして出ています。

ポールを立てれば前室空間も作れるので、もうほぼ家です。

175センチ小太り男性が入り込むとこんな風に。

ゴロゴロしても3回転、痩せていれば5回転はできるほどのゆったりさを持ち合わせています。

テント空間が快適だと、朝起きたときの気持ちが違う

毎週どこかしらに繰り出すガチなキャンパーはともかく、我々のような3~6ヶ月に1度程度のアウトドア好きにとっては、稀にやってくる贅沢な時間

そう考えると聞いたことのないブランドの格安テントよりはいいものを使いたい。でも、そこまで多くの費用をかけたくない気持ちも30%

このような思考回路の方には、ぜひおすすめです。




こういう朝ごはんを食べたくなる気持ちにしてくれますよ。

合わせて読みたい:



アメニティドーム M [スノーピーク]

tsuzuki

暮らしに役立つ情報と、役立たない情報をお届けします。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking