1

テントやチェアなど、キャンプに行くときは荷物が多くなりますが、

わが家では、一緒に行く猫のトイレや食器もけっこう荷物になっていました。

エサと水入れがひとつになった! 軽量で持ち運びラクラク〜

The Pooch Company

持ち運びラクラクなペット用水筒を見つけました!

The Pooch Companyは、水とエサ入れが一緒になって、重さたった141グラム(水・エサが入っていない状態)。

取っ手つきで持ち運びがカンタンだし、運動量によって持っていく水の量を変えられるのが便利です。

アウトドアでも公園でも車の中でも

The Pooch Company

キャンプなど長時間車で移動するとき、コレがあれば車の中で水やエサを用意できます。

水受けは大きいので、少量の水でも犬や猫が飲みやすく、片付けもカンタン

エサは、使用しないときは水筒の下に収納でき、車の揺れでエサが飛び散る心配はありません

横にしても水こぼれなし!

The Pooch Company

水を出すときは、本体を横にして、ボトルを立ててキュキュッと押すだけ。

ドバドバ出ないので、多少動いている車の中でも注ぎやすいです。

ただし、ボトルをきちんと立てないと、少しずつ水が水受けに出てしまうので……そこは注意が必要です。

ボトルには443mlの水が入れられ、スケルトンなので残量がわかりやすい!

また使用しないとき、本体を横にしていても水はこぼれません。

ただし、エサ入れを開けるときは注意を…!

The Pooch Company

水筒の下に収納するエサ入れは、こぼれないようにカチッと回してロックできます。

そのロックは、確かに振ってもこぼれず便利ですが……

開けるときに勢いよくまわすと、エサが飛び散ることも!

毎日の散歩やお出かけにも

The Pooch Company

毎日の散歩に持参することもできるし、友だちの家にペットを連れて行くときにも重宝しそうです。

これでペット用バックが必要なくなり、身軽にペットと出かけられますね。

あわせて読みたい:



1

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking