4

食器棚のなかで、上へ上へと積み重なるお皿の山

下のほうにある食器が使いたいのに、上にのっかるお皿が重くて取れない~!

さらには、バランスを考えずに積んでいったお皿が、崩れかけのジェンガみたいに危うい状態になっていたり……。

100均で解決~!

そんな食器収納への根深い悩みを、100円ちょっとで解決できる方法を見つけてしまいました。

それが、ダイソーで買ったこの「お皿スッキリラック」!

その名の通り、食器棚のなかでゴチャつく食器たちの整理をしてくれちゃうんです!

どれどれ…

折りたたまれた脚をパチパチとひらくと、平らだった本体が小さなラックに早変わり!

この状態で、短辺が17センチ、長辺が25センチ、高さが8センチというコンパクトさ。

せまい食器棚のスペースにもピタッと収まってくれます!

ごちゃごちゃの食器棚…

早速我が家の食器棚でも試してみましょう。

お皿やお茶碗は、積みすぎて崩れるのを防ぐため、上の部分にデッドスペースができがち……。

ここに「お皿スッキリラック」を投入すると……。

デッドスペースよさらば…

ラックの上にかさばりやすい食器を、下段には小さめの食器を収納することができ、かなり取り出しやすくなりました!

こうして棚のなかに高低差をつければ、後ろにしまった食器でもらくらく取り出すことができちゃいます。

マグカップものせちゃう!

積み重ねることができないマグカップも、ラックを使えばスペースを最大限に活用できる~!

下段には平たいお皿などを収納すれば、見た目もスッキリです。

残念なところ:大きいお皿は苦手…

コンパクトで使い勝手がいいのは嬉しいのですが、大きなお皿を下段に収納するのは難しい…

下段に収納できるお皿の大きさは直径21センチまで。

もう少し脚がスマートだったらな~、と思ってしまいますね……。

他にもいろいろできそう

食器用とはいえ使い方はとてもシンプルなので、調味料などの収納にも応用できそう。

奥のほうまで手が届かないものは、こんな風に二段構えにすればスッキリしますよ。

ほかにもテフロン加工がハゲてしまうと困るフライパンなど、上に他のものを重ねられない器具にも使えそうですね〜!

100均のアイテムで、食器棚のスペースがこんなに活用できるとは……。ありがとうね、ダイソー。

あわせて読みたい:



ROOMIE(ルーミー)

4

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking