むく太郎

11

1人暮らしでも家具を揃えたら、意外と窮屈に感じたりしますよね。

室内にこそ、機能的なアウトドアグッズは重宝します。

しかもテーブルとチェアが一緒なら、その分のスペースに余裕が生まれますよね。定番「コールマン」のこのアイテム、部屋をすっきりさせるのに一役買ってくれました。

ゆったり座れるちょうどいいサイズ感

アウトドアギアといえば、これ! というくらいおなじみのコールマンが展開する「サイドテーブル付デッキチェアST」です。

高さ77cm×幅87cm×奥行52cm。

耐荷重100kgでチェアとしては、ゆったり座ってちょうどいいくらいのサイズ感

座り心地はもちろん、さらに快適さを感じるポイントが「ひじ掛け」付きというところ!

ラバーが腕にフィットするので、これが有るだけで、かなりくつろげます。

背面のロゴもオシャレ。

シートはポリエステル製で、汚れや水濡れにも強く、お手入れも簡単です。

サイドテーブルの使い勝手がすごくよい…

サイドテーブルの耐荷重は約5kg。

ドリンクカップホルダーもついていて、マグカップがしっかりと収まる構造なので、安定感も抜群です。

組み立ての必要もなく、フレームを開閉するだけでOK。サイドテーブルも同様にセッティングできます。だからこそ、どこでも使えるんですよね。

コンパクトに収納できるのもグッド

収納時のスタイルは、こんなにスマート。折りたたんだ時の厚さは16cmだから、収納もラクラク。

持ち運びに便利なハンドルがついているのも、さすがコールマンといったところ。

まさに痒い所に手が届くアイテムですね!

残念なところ:フレームの開閉に少し力が必要

フレームを開閉するときに、力が必要です。

なおかつ、タイミングで勢いよくフレームが開くので、開閉動作の際は注意が必要になります。

5,000円以下でこの機能性は、買い

背もたれがついて、ひじ掛けもついて……サイドテーブルも付いたチェア! 座り心地も安定していて、まさに様々な生活シーンで活躍します。

読書の時には、ゆったりとコーヒーを楽しみながら本の世界に浸れますし、デスク用チェアにしてもサイドテーブルというプラスのスペースがあるから、資料やスマホが置けたり。

アウトドアユース、もちろんオススメです。しかも5,000円以下で買えるなんて……。

機能性◎、収納性もよく、コスパもグッドなこの「Coleman サイドテーブル付きデッキチェア」が、すっきりさせたいお部屋の悩み、解決してしまうかもしれませんよ。

あわせて読みたい:



ROOMIE(ルーミー)

Coleman(コールマン) デッキチェア ST サイドテーブル付き [Amazon]

妻が一軒家でパン屋を開業することをきっかけにDIYを始め、次第にのめり込む。 工具の持ち方も知らない状態から、ハンドメイド家具の販売、店舗改装、什器製作、メディアでの執筆やTV番組の制作協力も行う。 2019年から、登山やキャンプなどアウトドアフィールドでの活動も拡大。 「自作のアウトドアギアでキャンプをもっと楽しく」が最近のテーマ。

feature

外でしか使わないのは、もったいない! アウトドアグッズを部屋で使うライフスタイルをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking