むく太郎

26

DIYで作った、カフェにありそうな1人用デスク。工業資材のアンカーボルトを脚に流用しているので、かなり男前な作りで気に入っています。

……ですが、これに合うスタイリッシュなチェアがなかなかなかったんです。ほとんどが数万円と高価で予算オーバー。

でも1万円以内でスタイリッシュな男前チェア、しかもめちゃくちゃコンパクトに収納できるスグレモノがありました。

約1.1キロという軽さ。DODのスワルスエックス

「-アウトドアをワクワクするソト遊びに-」そんなコンセプトを掲げるアウトドアブランド、DODの新作チェア「スワルスエックス」。

もうネーミングからセンスが溢れています。

高さ68×幅50×奥行55cmで重さはなんと、約1.1kg

アルミ合金ならではの軽さは、アウトドアでの使用はもちろん、部屋で抜群の機動力を発揮しますよね。

フレームが安定した座り心地を得られる、X構造になっており、腰かけるとものすごく安定してリラックスできます。

なによりこの武骨なスタイルがいい感じです。

収納時はデスク上におけるくらいコンパクト

ウサギのポップなイラストロゴが特徴の専用ケースで収納。このケースに先ほどのチェアが1式入っています。

2ℓペットボトルとほぼ同サイズ

ワークデスクの上にも、すっきり収まるから収納場所を選びません。

組み立てもほんの1分

組み立てもわずか1分で可能です。パーツを、接合していくだけ! 工具も要りません。

筒内に伸縮性の紐があり、パーツを紛失したりも一切なし。

座面シートのポケットに組み立てたフレームをセットしていけばOK。

読書にも作業用にも、使えます

ペットボトルサイズからしっかりくつろげるチェアに展開。

しっかりと腰を掛けても、ぐらつきもなく、急な来客や友人を招いたときにサッと出せて、とても便利!

僕は、ワークチェアとしてリラックスしながら作業用チェアとして愛用しています! 程よいホールド感で作業用につかっても疲れにくいですよ。

残念なところ:シートをフレームに差し込むのに少し手間取る

少し惜しいなぁと思ったのが、セッティングの時。

座面をフレームに差し込むときに少々力が要ります。

しっかりとした座面の生地の為、ポケットをしっかりと狙ってグイッとフレームを差し込みます。安定した場所で組み立てるとスムーズです。

7,500円でかっこいいインテリアチェアが手に入ります

X構造のフレームが、DIYでつくったアイアンデスクとぴったりマッチ。

こんなにオシャレで収納性もある折りたたみチェア、なんと7,500円で手に入ります

数倍の値段で、重厚なインテリアチェアを買うか、スタイリッシュでどこでも持ち運べて、しっかりとした座り心地を得られる「スワルスエックス」を手に入れるか……。

僕は断然、後者をオススメします!

外でしか使わないのは、もったいない…! 連載「アウトドアな家暮らし」では、“部屋の中でも使える“アウトドアグッズをレビューします。

合わせて読みたい:



スワルスエックス C1-591-TN [DOD]

DIYブログ「SHIe」執筆者。 民家改装という大仕事に触れ、DIYの楽しさ・素晴らしさに気付き、のめり込んでしまった平成生まれのサラリーマンです。 そこから生活の仕組みを探し始め、ブログ「DIYサラリーマン・むく太郎EX」を2015年より執筆。 2017年ごろから、DIYでさまざまなチャレンジをし、人生が大きく変わっていく。 「どうやったら、今より、良くなるか」 これがぼくの「DIY」の軸。

feature

外でしか使わないのは、もったいない…! アウトドアグッズを部屋で使うライフスタイルをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking