15

マッチやライターなどの着火アイテムは、アウトドアではマストです。

でも、長い期間バッグに入れたままで、湿気ったり、使えなくなったりすることも……。

それらに頼らない、少し原始的な手段に目を向けてみませんか?

スイッチとかが見当たらないけど…?

マッチやライターに頼らず着火させたいなら、この「ファイアースターター」を使いましょう。

点火するためのスイッチの見当たらないコレが、なんと約10,000回もの着火を行える優れものなんですよ!

オイルとか使わないの…?

気になる着火法は、火口に向かって金属をこするだけ!

新聞紙や枯れ木などがあれば、一気に着火し、種火になるんです。

これぞアウトドアのロマン。「うおー!着いたー!」なんて仲間と盛り上がりそうです。

3000℃なんて話も聞きます

とはいえ、「火花でつくの〜?」なんて不安になるじゃないですか?

でも、この金属ロッドはフェロセリウムという合金でできているんです。

フェロセリウムは、超高温の火花を発生させる特徴があり、それが着火させる秘密なのです。

地味に嬉しい~!

ただ、着火機能だけでは勿体ないということで、地味に嬉しい機能もついちゃってます。

栓抜きにもなりますし、

木製の手持ち部分の底には鏡が仕込まれており、いざという時にSOSのサインを出せるそう。

何より、北欧スウェーデン発のデザインがシンプルだけど温かみがあって、いいですよね。

あわせて読みたい:



The Friendly Swede フェロセリウム ファイアースターター+ボトルオープナー 木目

15

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking