20180823_breakfast_1

朝食をしっかり摂ることは、美と健康に欠かせません。でも、「朝に摂るべきものが摂れていない」ことがあるのです。

朝食を正しく食べることは、体内時計のリセットや、太りにくく健康的な身体作りにもつながると言われています。今回は「太陽笑顔fufufu」より、体内時計を整えて太りにくくなる朝食についてご紹介します。

多くの人が、朝食で摂れていないものとは?

shutterstock_735121573

時間生理学が専門の早稲田大学教授・柴田重信先生によると、トーストやおにぎりだけ、スムージーだけの朝食では不十分だそうです。

「リセット効果があるのは、インスリンの分泌を促進するもの。つまり糖質を多く含むものです。ですからトーストやおにぎり、スムージーは当てはまっているのですが、それだけだと効果として弱い。私たちが行ったマウスを使った実験では、糖質にタンパク質を足すとリセット効果が高くなることがわかったのです」

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

柴田先生の研究では、同量のタンパク質でも、朝に摂るほうが、夜に摂るよりも筋肉が増えることがわかっています。

筋肉不足は、肥満や糖尿病、サルコペニアの原因にも。高タンパクな朝食を心がけることで、筋肉が増え、ヘルシーな身体をめざせるのです。

「夜に食べると太る」は遺伝子の仕業

20180823_breakfast_3

朝は少なめ、夕食にたっぷり食べると言う人も多いのでは。でも、本来ヒトは昼行性動物なので、午前中から昼間にしっかりとタンパク質を摂取する必要があるそうです。

朝食にごはんやトーストなどの糖質に加え、肉や魚、卵、乳製品、豆などでタンパク質をしっかり摂るのが理想的。

「“夜に食べると太る”のはよく知られていますね。それは、時計遺伝子のひとつで脂肪蓄積のスイッチを制御する【B-mal1】が関係しています。夜に最も脂肪を溜め込むよう働くので、夜に摂った糖質と脂質が脂肪になりやすいのです。夕食を軽くすることが肥満予防になると、マウスを使った実験でわかっています。理想は朝にウエイトを置いた食事。最も太りにくい食事の摂り方だと言えます」

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

この実験では、一日に同じカロリーを摂るのでも、朝にウエイトを置いた食事のほうが、夕方にウエイトを置いた食事よりも肥満になりにくくなることが明らかに。

朝食はしっかり、夕食は軽めに。これを守っていれば、昼食は好きなものを摂ってもよいそうです。

朝食をしっかり摂って元気をチャージ!

太陽笑顔fufufu

image via shutterstock

Ranking