ナガソクミコ

ナガソクミコ

12

石鹸やシャンプーなど毎日使う消耗品は、定番のものを買い置きすると便利ですよね。

わたしは毎日の食器洗いに「白雪の詩」という固形石鹸を使っています。

ねば塾 白雪の詩

飲食店で働いていたときに厨房で使っていた頃からの付き合いで、もうかれこれ10年以上使い続けています

環境に優しく、コスパがいい

ねば塾 白雪の詩

この「白雪の詩」は、Amazonで2個226円(税込)

コスパがいいので、惜しみなく使うことができます。

パーム油を主成分とし、色素や香料などの添加物は一切不使用。環境に負荷がかからないのも嬉しいところです。

洗浄力が高く、食器洗いが楽しくなる!

ねば塾 白雪の詩

一般的な食器用洗剤と同じように、スポンジにこすりつけて食器を洗います。

食器の油汚れを、しっかり落としてくれますよ。

食器用の強力な洗剤を毎日使うと、手荒れすることがありましたが……この石鹸だと手荒れしなくなりました

手洗いやフキンを洗うのも、コレひとつで完了!

ねば塾 白雪の詩

食器洗い以外に、手を洗うときやフキンを洗うときも、この石鹸を使っています。

この石鹸ひとつを置くだけで、余計な洗剤を置く必要がなくなります。キッチンがスッキリ!

残念なところ:お客さまには、どれが食器用洗剤かわかってもらえない…

ねば塾 白雪の詩

とても気に入っている「白雪の詩」ですが、ひとつ困ったことが……。

それは、お客さまがうちに来て食器を洗ったりするときに、どれが食器用洗剤かわかってもらえないこと。

お客さまが来たときには、きちんと説明をしないといけません。

使っていくうちに小さくなるので、大切に使う気持ちが芽生える

ねば塾 白雪の詩

固形石鹸を食器用洗剤にしてよかったと思うのは、使っていくうちに小さくなるところ。

液体洗剤だといつの間にかなくなっていたりしますが、固形石鹸の場合は小さくなっていく過程が目で確認できます

買い足しの時期がわかるのもイイし、なにより大事に使おうと思うようになりました。

この「白雪の詩」、体を洗うこともできます。何かと便利なので、ひとつ買い置きしておくと便利ですよ〜!

あわせて読みたい:

ナガソクミコ

1983年旭川市生まれ。高校卒業後東京にて、野外フェスのスタッフや自然食品店、古本カフェ、アウトドア雑誌編集部などを筆頭に、ありとあらゆるアルバイト経験。2016年に旭川市にUターンし、古い商店をリノベーション中。民泊×編集事務所「あさひかわ編集室」を主宰。Airbnbホストもやっています。https://www.airbnb.jp/rooms/20954739

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking