たりん

たりん

289

ほうき、モップ、コロコロ、スプレー類……。

掃除道具ってサイズや形がまちまちで、けっこう収納がごちゃつきがち……。

とりあえず全部カゴの中に入れていたのですが、見た目が良くないし、どうにかならないかな……。

貼るだけで、デッドスペースが収納に!

そんな時に見つけたのが、100均セリアの「ワンキャッチ」。使い方はカンタン!

背面に付いている両面テープを剥がして、壁に貼るだけ。

それだけ2本の腕が、いろんなものをキャッチして収納スペースを作り出してくれます。

立てかけ→倒れるを繰り返すモノに最適!

特におすすめなのが、壁に立てかけると、倒れてしまうモノに使うこと。

例えば、バタバタ倒れてイライラするほうきも、この通り。

穂先が床につかないので、劣化も防げます。

傘だっていけちゃう!

玄関の扉の裏に貼れば、傘の収納が完成!

地面につかない位置にワンキャッチを貼れば、水が溜まってしまうことも防げますよ〜。

どこでも何でも使えすぎる!

使い方を工夫すれば、さらに色々なシーンで使うことができます。

スプレー類も、こんな風に引っ掛ければ、壁にピッタリ。

だらんと垂れて見栄えが悪くなりがちなホースも、シャンとします。

残念なところ:何度もつけたり外したりはできない…

粘着テープで貼っているため、一度貼った後に剥がしてまた別の場所に…と繰り返すことはできません。

貼り付ける時には、高さや位置などを考慮した上で貼る必要があります。

無印との相性が◎!

キャッチできるのは重さ500g、直径3cmまで。

実はこれ、無印の「掃除用品システム」シリーズにピッタリなんです!

このシリーズはポールの直径が2.5cmなので、相性バツグンです。

ちょっとしたデッドスペースを収納に変えられる「ワンタッチ」。

たくさん買って、家のいろんな場所での収納拡張にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

100回以上の人気連載「マイ定番スタイル」では、私たちの暮らしを変えてくれそうなアイテムを実際に買ってレビューします。

あわせて読みたい:



たりん

1992年生まれ。フリーランスの翻訳、通訳、ライター。東京・三鷹のカフェ「HAMMOCK」を運営したり、都内各地で映画上映会を開いたりしています。チェコ映画が好きです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking