2

無印良品からチルドスイーツが登場するのを、先日お伝えしました。

この情報が出て以降、ネット上でも話題になっていますが、

ついに本日発売! 担当者さんにお話をうかがうと共に、あさイチに購入して食べてみました。

フランスのレシピに学んだ、無印良品のチルドスイーツ

これまで、無印良品の洋半生菓子といえば、不動の人気を誇るバウムクーヘンやマフィン。

それをさらに広げるべく、無印良品としてはあたらしい温度帯のチルドスイーツを発売することになりました。

良品計画・食品部でスイーツを担当されている山田達郎さんに、そのこだわりを聞くと……

「2層仕立てのチーズケーキ」

「チルドスイーツを開発するにあたって、フランスへ研修に行き、たくさんのスイーツを口にしました。

主原料の配合の割合が日本とは違って、フランスでは“素材の味”をしっかり引き出し、その味が際立つものを使います。

日本だと、そういう意識はスイーツ専門店くらいだったり……」

「ガトーショコラ」

素材の味掛け合わせ、しっかり引き出すことを強く意識したレシピですが、

使用している素材が○○産……ということは強調せず、パッケージにも書いていません。

フランス研修のことも、素材の産地のこともそうですが、“それを使っているからおいしい”ことにはならない

味で勝負をするのが無印良品だと思っています」

無印良品らしさがぼやけない、2種類のラインナップ

「フランスで食べたエクレアに感激して、はじめはエクレアを開発しようとしたり、種類をいくつも販売しようとしていたときもありましたが……

最終的にはド定番である『2層仕立てのチーズケーキ』『ガトーショコラ』の2種類のラインナップに落ち着きました。

いくつも用意すると“無印良品らしさがぼやけてしまう”という結論になったんです」

箱も什器も、チルドスイーツのオリジナル

メイドインジャパン

「今回、陳列する什器の問題もありました。

ケーキの表面がきちんと見えるように配置できる、チルドスイーツのためだけのあたらしい什器を導入して。

その関係もあって、まずは15店舗限定となっているんです」

「それと、大きいのは賞味期限の問題です。

半生商品の賞味期限が45日なのに対し、今回のチルドスイーツは消費期限で4日間

うまく流通するかなと、ドキドキしています(笑)」

実際に食べてみた……

レアチーズとベイクドチーズの2層になってる!

どちらも本格的で、ケーキ屋さんのスイーツの味!

私が特に気に入ったチーズケーキは、フォークを入れるとふわっと軽く、でもチーズの濃厚さや香りがしっかり出ています。

甘いものが苦手な方にもオススメ!

ガトーショコラは、驚くほどどっしり!

誰かとシェアして、お酒やコーヒーを飲みながら少しずつ食べたいほどの濃厚さです。

「どちらも、後味がくどくなくて、さっと流れていく。そこは自信を持って言えます!」と山田さんがおっしゃっていた通り、

香りや味は濃いのですが、パクパク食べられてしまいました。もっと食べたい……。

残念なところ:カロリーが気になった…半分こしようかな…

チーズケーキ、甘党の私はひとりで全部平らげましたが、

チーズケーキは444キロカロリー、ガトーショコラは565キロカロリー。

なにかのご褒美にするか、誰かとシェアしようかなと思いました……(笑)。

休日のコーヒータイムや、ホームパーティにも

ひとりだとちょっと多いような、甘いもの好きなら食べられてしまいそうな、みんなでシェアもできそうな……絶妙なサイズ。

ママ友で集まるときや、ホームパーティに持っていくのもオススメ、とのことです。

4等分にするのが切りやすかった!

「そのために、コンビニのプラカップとは違い、バシッと切りやすいトレーを開発しました」(山田さん)

このチルドスイーツは店舗限定販売で、現在は無印良品ネットストアでの取り扱いはありません。

ただ今後、取り扱い店舗は増えていく予定なので、近くの店舗で扱っていない人も、ガッカリせずに待ちましょう!

あわせて読みたい:

2

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking