たりん

たりん

4

暑さも落ち着き、アウトドア真っ盛りな季節

大自然の中、陽が落ちてきた夕方や、寝る前にゆったりする時間っていいですよね〜。

そしてそんな時こそ、強い光はいらないけど、柔らかい灯りが欲しいものです。

保冷バックじゃありませんよ〜

そんな時におすすめなのが、この「ソーラーパフ」

保冷パックに光が反射しているのではなく、本体が光っているのです!

手のひらサイズながら、優しく光を照らすランタンになりました。

コンパクトで場所を取らない

畳むと、ランタンとは思えない薄さ。

片手でつまめてしまいます。

小型のランタン代わりに使えば、アウトドアの荷物を減らせますね!

明るさ調節もできます

光は、強(90ルーメン)・弱(60ルーメン)・点滅の3つのモードを切り替えられます。

強はけっこう明るいですが、その秘密は、この素材。

ヨットのセール(帆)に使われている素材が、光を拡散して優しく照らしてくれるんです。

ソーラーで充電できる!

ランタンを使う時、一番心配なのは燃料のこと。

しかし、こいつは太陽光で充電できるので、燃料も電池も不要!

カラビナやキーリングでバックパックにつけておけば、日中に充電しておけます。

薄くなる上に75gと軽いので、荷物の邪魔になりません。

残念なところ:電池残量がわからない…

電池残量を表すゲージなどはないので、どのくらい使えるかな?満充電になってるのかな?とちょっと不安になります。

念のため、使用前日に光に当てておくと安心かもしれません。

インテリアとしても使える!

立方体のシンプルなデザインは、インテリアにも馴染みます。

枕元に置いて、読書灯として使うのもオススメ。

これからのシーズン、コロンと軽いこの子を連れて、キャンプの夜をたっぷり楽しんでみてはいかがでしょうか。

100回以上の人気連載「マイ定番スタイル」では、私たちの暮らしを変えてくれそうなアイテムを実際に買ってレビューします。

あわせて読みたい:



Landport(ランドポート) ソーラーパフ [Amazon]

たりん

1992年生まれ。フリーランスの翻訳、通訳、ライター。東京・三鷹のカフェ「HAMMOCK」を運営したり、都内各地で映画上映会を開いたりしています。チェコ映画が好きです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking