16

キャンプでテントに泊まるとき。

地面にそのまま寝たら硬いし、場所や季節によっては冷えるので、ふとん代わりに下に敷くエアーマット

でも意外にもコレが、家でもいろいろと活躍してくれることを発見しました!

コンパクトになるから便利

Yibaision エアーマット エアーベッド テントマット エアーピロー付き キャリーバッグ付き キャンプ用 アウトドア

エアーマットは、広げると大人ひとりが寝られるくらいのサイズが一般的ですが、Amazonで購入したこの商品は約180x65cmと大きめ

しかも、タテ二つ折りにして、空気を抜きながら巻いていくと……かなりコンパクトに収納できます。

Yibaision エアーマット エアーベッド テントマット エアーピロー付き キャリーバッグ付き キャンプ用 アウトドア

500mlペットボトルと比べてみました

底辺の直径は約16cm、高さは約30cm。

キャンプに持っていく場合はもちろん、家での収納にも便利です。

膨らますのもラクチン

Yibaision エアーマット エアーベッド テントマット エアーピロー付き キャリーバッグ付き キャンプ用 アウトドア

エアーマットの膨らまし方はいろいろなタイプがありますが、このアイテムは自動膨張式

マットを広げて、角のバルブを回して開けると……ぺしゃんこだった中のウレタン部分が元に戻る形で、自動的に膨らみます

Yibaision エアーマット エアーベッド テントマット エアーピロー付き キャリーバッグ付き キャンプ用 アウトドア

開いたときはこんなにシワシワ。

約5分かかってゆっくり戻る感じなので、みるみる膨らむわけではないですが、ジワジワちゃんと仕事します

Yibaision エアーマット エアーベッド テントマット エアーピロー付き キャリーバッグ付き キャンプ用 アウトドア

完全に膨らむと厚みは約4cm

まだ空気が入っていない右側の枕部分と比べると……ほったらかしのわりにはフカフカ(笑)

枕は空気の量で硬さ&高さを調節

Yibaision エアーマット エアーベッド テントマット エアーピロー付き キャリーバッグ付き キャンプ用 アウトドア

枕一体型なので、寝ているうちに枕が行方不明なんてこともありません。

枕部分はバルブ式で、空気の量で硬さ・高さを調節します。

息を吹き込むことになりますが、小さいので5~6回でOKだし、二重バルブなので空気が戻ることなく吹き込めます。

急なお泊りに、本領発揮!

Yibaision エアーマット エアーベッド テントマット エアーピロー付き キャリーバッグ付き キャンプ用 アウトドア

イマドキの住宅事情では、お客さま用ふとんを用意しておくのはハードルが高いですが……

これならクローゼットのすみっこに収納可能

家飲みに来た友だちが酔いつぶれても、遊びに来た子どものお友だちがお泊りすることになっても、問題ナシ!

連結できて、広々使えます

Yibaision エアーマット エアーベッド テントマット エアーピロー付き キャリーバッグ付き キャンプ用 アウトドア

両サイドにはスナップがついていて、連結も可能です。

小さいお子さんなら、2枚つなげれば、横向きに3人寝られちゃいます

ストレッチやヨガ用マットにも

Yibaision エアーマット エアーベッド テントマット エアーピロー付き キャリーバッグ付き キャンプ用 アウトドア

ちなみにモデルは筆者本人ではありません……(笑)

わが家では、ストレッチなどのワークアウトに毎日のように使っています。

ヨガマットだと薄くて痛い動作も、ふとんのように厚くてモコモコなコレなら、運動にピッタリ。

残念なところ:それなりに重い

Yibaision エアーマット エアーベッド テントマット エアーピロー付き キャリーバッグ付き キャンプ用 アウトドア

コンパクトといえ、ひとり用のふとんサイズですから、ギュギュッと丸めて専用の袋に入れても、それなりの重さがあります

もっと軽いエアーマットもあるんですが、そういうマットは自動膨張式じゃなく、自分で空気を入れるタイプ

マットのほかにポンプが必要で、ポンプを使って膨らますのはそれなりに大変。

ラクさをとるか、軽さをとるか……家で使うシーンが多いなら、ポンプ不要でラクなほうがいいかな

付属品もバッチリ

Yibaision エアーマット エアーベッド テントマット エアーピロー付き キャリーバッグ付き キャンプ用 アウトドア

価格はAmazonで3,596円(税込)。付属品は、収納時にマットを留めるゴムバンドと、収納用の袋。

引っ掛けて小さな穴が開いてしまったとき用の補修用テープまでついているので、安心です。

座るだけなら1枚で3~4人はOK。花火大会やフェスなどにも、シートだけ敷くより、だんぜん快適です。

ピクニックならオールシーズン使えますし、もちろん災害時にも。

1枚は持っていてソンはない働きっぷりですよ!

外でしか使わないのは、もったいない…! 連載「アウトドアな家暮らし」では、“部屋の中でも使える“アウトドアグッズをレビューします。

あわせて読みたい:

Yibaision エアーマット [Amazon]
16

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking