19

ハンコを使う機会って意外と多くないですか?

会社における経費精算はもちろん、届け物があった時なんかも。

だからこそ、デザインにこだわってみるってどうでしょう?

デザ印、使いましょ

こちらは、印鑑を「自分を表現するもの」として作られた、「デザ印」

もはや文様。なんて名前が掘ってあるか、全然わからない……!

3種類から選べます

そんな個性溢れるデザ印には、3種類ものデザインが用意。

直線的でシンプルな「Line」

幾何学的な円盤状の「Disk」

法人用の、縁起の良さそうな「Sunrise」

ちゃんと使えます

とはいえ、どれも判別が難しそうなモノばかり……。

「本当に使えるの?」って疑問を抱きますが、仕事はもちろん銀行員、実印としても使用可能だそうですよ。

特殊素材でカスタマイズ!

価格帯も、3000円~9000円を超えるものまでと幅広く用意。

9000円を超える高級モデルには、チタンやカーボンを素材としたモノもあり、他には無い付加価値を感じさせます。

いやはや、懐からスッと出して、捺印する瞬間が待ち遠しくなるな……。

あわせて読みたい:



[印鑑をデザインするSirusi]

19

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking