5

結論から言って、「アリ」ですね

そう、アウトドアテーブルは部屋でも使えます。実際に僕は部屋で使っていますが、不便さを感じたことはほとんどありません。

今回ご紹介するテーブルも、問題なく、部屋で使えそうですよ!

コンパクトに畳める、軽い。これこそが魅力

アウトドアテーブルは基本的に折り畳み可能なので、使用しないとき、引っ越しのとき、レイアウト変更のときに非常に便利です。

今回の商品はなんと1.14kg。アルミ製だしローテーブルなので、なおさら軽い仕様となっています。

折り畳んだら、ここまでコンパクトに


ナイロンバッグが付属しており、そこに収めることが可能です。

57x14x9cmという梱包サイズは部屋の隅っこ、ベッド下などに入りますので、スペースを取らなくて済みます。

耐荷重は23kg。こんなに重いモノをテーブルに置くことは……まぁ~ないですよね。

気をつけたいこととしては…

そもそも「アウトドアテーブル」として作られているので、移動しやすい・軽いことは前述の通り。

ただ、それが部屋内となると、「動いてしまう・揺れる」という悪い方向に働くことも

使用するシーンは選んだ方がいいですね。

ライフスタイル的に「ひとり暮らしであまり料理はしない」「あまりガツガツものを置かない、読書時のコーヒーテーブル用として」という部屋環境の方は、ぜひ一度お試しを!

合わせて読みたい:


アウトドアテーブル Normei キャンプ コンパクト アルミ製 折りたたみ式 超軽量 ロールテーブル 耐荷重23kg 専用収納袋付き (折畳テーブル) キャンプ用品シルバー [Amazon]

image:Amazon

5

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking