27

裸足が心地いい夏がやって来ましたね! 言いかえれば、床が皮脂で汚れる季節到来……。

特に子どもがいると床がめちゃくちゃ汚れる! しかもこの汚れってしっかり水拭きしないと取れないんですよね。

雑巾を絞って、しゃがんで拭いて……。床掃除といえばそんなイメージですが、カインズでラク〜に拭き掃除できる便利アイテムを発見しました!

カインズの「フローリングスプレーワイパー」(税込1,780円、店舗価格)

カインズの「フローリングスプレーワイパー」

一見するとフローリングワイパーなんですが、とてもステキな機能がついてるんです。

注目すべきは中央についてるあの不思議な部分

さて、一体どんな機能でしょうか?

なんと、手元で水が出せるんです!

なんと、手元で水が出せるんです

持ち手部分にレバーがついています。これを引くと、水がシュッ!と噴射されるんです。

まるで水鉄砲のように

まるで水鉄砲のように

突起のところから水が出ているのがわかりますか? 思ったより勢いよく吹き出ます。

それにしても、立ったまま手元でシュッとできるのはラクですね。

細かい水滴が広範囲にで広がります。

まるで水鉄砲のように

1回のスプレーでこのくらいの量が出ます。

左右に広がって出るので、意外と多いな〜という印象ですね。

楽しくて何度もシュッシュしたくなりますが、やりすぎるとびしょびしょになるのでご注意ください。

ペットボトル容器が必要です

ペットボトル容器が必要です

ボトルはついてないので自分で用意しないといけません。まずペットボトルの空き容器を準備しましょう。

これに水を入れて所定の位置にセットします。

500mLサイズまで付けられますよ。

雑巾を挟む

雑巾を挟む

雑巾はクリップでしっかり挟めるようになっています。ちょっとやそっとじゃ外れないくらいしっかりしています

ちなみに市販のフローリングシートもつけられますが、水を噴射して掃除するなら雑巾のほうが断然オススメです。

薄いシートだと水がだいぶ残ってしまいますからね。

狭い場所もしゃがまなくていい!

狭い場所もしゃがまなくていい

このワイパーのいいところは狭い場所もしゃがまずに拭けること。

テーブルの下にも潜り込まなくていいので、ラクに拭き掃除ができますよ。

掃除のハードルが下がるのはありがたいです。

滑り止めが優秀!

滑り止めが優秀

そして、地味に感動したのが持ち手部分に滑り止めがついていたこと。

上の2箇所にシリコンゴムがついているので、適当に立てかけても全く倒れません

これならどこにでも置いておけそうです。

シートも挟んだほうがいい

シートも挟んだほうがいい

1点、残念だったのが、シートを挟む所ところ。

これがとにかく弱く、シートがすぐに外れてしまいます。劣化も早そうな感じですね。

いっそのこと、シートも雑巾用のクリップで挟んだほうが使いやすいです。

遊び感覚で掃除できる!

遊び感覚で掃除できる

なんとも大胆な発想のフローリングワイパーですよね。

一度使うとスプレーが楽しくて、病みつきになること間違いなし!

この夏は、水鉄砲感覚で掃除してみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい:


フローリングスプレーワイパー FSW-25 [カインズ]
27

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking