2
イケア最大のイベント! イケアのこれからや新商品について、スウェーデンからお届け

ミニマルな流れ、行く末は宇宙?

ミレニアル世代を中心にモノを減らす生活が広がっています。

そうなると当然生まれる需要が、限られたスペースを有効活用できるアイテム。

小さなスペースを有効活用するために

そこでイケアが取り組んだのは、なんと火星を想定した家具!

NASAの若手社員たちとのコラボーレーションです。

「え、どういうこと?」と、思うかもしれませんが、例えばこちらの布団。

それぞれのクッションを切り離してスペースに合わせてサイズ調整できる優れモノ。

そしてこちらは、とっても軽く、すぐに移動、高さ調節、組み立てができるシェルフ。

手に持ってみると、本当にプラスチックのような軽さに驚きを隠せません。

どちらと言うと、防災寄り…

火星という極限状態での生活を想定しているためか、かなり命への意識が高いのでしょう。

このシェルフのデザインは、まるで担架のよう。一段一段は布です。

水筒のようなシリーズも。一部を除き、水をストックすることにも眼がいっているようです。

もちろん、電気も極限状態では頼れません。だからこその、太陽光を使った室内ライトも登場。

さて、どちらと言うと、普段使いよりは防災のシチュエーションの方がメインで思い浮かぶ気もします……。

そんなこのシリーズ、リリースは2020年。

果たして、東京オリンピックで賑わう街並みの家々に、このシリーズは溶け込んでいくのでしょうか?

あわせて読みたい:

2

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking