1
イケア最大のイベント! イケアのこれからや新商品について、スウェーデンからお届け

イケアは、アーティストとコラボレーションし、あるテーマのもと作品をつくってもらうアートイベントを毎年開催しています。

今回のテーマは「ラグ」で、8人のアーティストを抜擢。

イケアのアートなラグ

部屋の中ではアート性が高い象徴的なものであり、でも機能も備わっている。

そして自由な発想でデザインできるという理由で決められたそうです。

ミレニアル世代に向けたラグ

イケアのラグ

ニューヨークのふたり組アーティスト・CHIAOZZAによるラグ

意識したのは、ミレニアル世代に向けたデザイン

大きなラグを取り入れるのはハードルが高い気がしていたミレニアル世代の私ですが、

部屋の雰囲気を一気に変えて、アーティステックにしてくれるラグっていいなと思いました。

アートなラグ

こんな風に個性があるラグを部屋に取り入れたら、インテリア上級者に見えそうな予感。

しかも床でもゴロゴロできるっていいな〜。

日本人デザイナーも。家族で使いたいラグ!

イケアのラグ

河井さんと、愛娘のポコちゃん

ニューヨークやヨーロッパで活動する河井美咲さんの作品は、かなり大きなサイズのラグ。

河井さんご自身のような、3人家族のライオンです。

イケアのラグ

使い方を聞いてみると、部屋の中心に置いて大人数でゴロゴロしたり、ベランダやアウトドアに引っ張っていってたのしむイメージだそう。

ラグはとにかくモジャモジャにしたかった」と話してくれたとおり、たてがみはフッサフサ。

作品説明に「レッツエンジョイ・モコモコデイズ!」と書いてあるところもかわいい。

私もモコモコデイズ送りたいです。

あのヴァージル・アブローの作品も!

イケアのラグ

近寄れない……

ファッション界を牽引するデザイナーであるヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)も参加。

ストリートで支持を得るヴァージルらしい、強く個性的な言葉がプリントされたラグは、アートそのものとして部屋でたのしめます。

あわせて読みたい:

Photographed by ROOMIE編集部

1

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking