2

あ~、干す場所がない…。

梅雨シーズンには、洗濯物がなかなか乾かなくて、家の中が洗濯物だらけになってしまいますね。

家族が多いと、なおさら干すスペースを確保するのが、大変。

新たな物干しスペースを生み出す

そんな物干しスペース確保問題に、強力な助っ人となるのが、ニトリの「ランドリーマルチフック」です。

このニトリのグッズが、意外な場所を物干しスペースに変身させてくれるんです!

タンスの引き出しが物干しスペースに

たとえば、タンスの引き出しにランドリーマルチフックを引っ掛ければ、そこはもう角ハンガーで洗濯物が干せるスペースに。

無印良品の「ポリプロピレン衣装ケース」も、上部にある凹みに引っ掛けて使うことができます。

フックを支える壁面プレートは、4段階に位置変え可能。

だから、引き出しの高さが異なる無印の衣装ケース小、大、深、3種類のいずれでも使用できます。

壁面フック、椅子も物干しスペースに

引き出しだけではなく、フックを掛けられ、壁面プレートで押さえる面があれば、どんな場所、モノでも物干しスペースに。

たとえば、壁面フックや椅子も、ランドリーマルチフックがあれば物干しスペースに早変わり!

アームは、角ハンガーが壁と接触しない長さがあります。

気を付けたいところ:洗濯物の重さバランス

主婦の声が反映された商品だけあって、不要なときはコンパクトに収納できます。

さらに、家具を傷つけない加工がされているなど、痒い所に手が届くような商品で残念な点は見当たらず。

唯一、気を付けたいのが、洗濯物の重さ。

耐荷重5㎏ですが、引っ掛けているタンスや椅子などがひっくり返らないよう、バランスを考える必要があります。

タオル掛けバーにも

さらに、タオル掛けバー専用の凹みもあるので……

こんな風に洗面台やバスルームなど、タオル掛けバーがあるところも、物干しスペースとして使えます。

そのほかにも、クローゼットの扉や、なげし、ドアの上部などなど……。

もはや引っ掛けるところがあれば、どこでも部屋干しスペースを生み出すことができるというスグレモノ。

梅雨のシーズン、大活躍すること間違いなしのグッズです。

100回以上の人気連載「マイ定番スタイル」では、私たちの暮らしを変えてくれそうなアイテムを実際に買ってレビューします。

あわせて読みたい:


室内干し用ランドリーマルチフック(マルチフック)[ニトリ]

2

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking