Fukuko

Fukuko

74

朝は忙しい!

前もって冷蔵庫からアレを出しておけばいいのはわかってますけど……そんな余裕はないんです。

そんな朝にコレがあれば、ちょっと余裕がもてるかも

貝印の手の熱で溶かして切れるバターナイフ

シンプルなデザインとつや消しのテクスチャーが光る「バターナイフ」、見た目以上にいい仕事をしてくれます。

手の熱が伝わりやすいアルミ製なので、冷たいバターに手の熱が伝わってスーッと削れるんです。

バターがスーッと削れる快感

貝印の手の熱で溶かして切れるバターナイフ

おまけに、刃物メーカーとしておなじみの貝印製という安心のクオリティなのに、ワンコイン以下というプチプラ。私はニトリで買いました。

バターナイフをしっかり握って(手の熱を伝えるために、コレ大切です)、バターの表面をすべらせると、スーッと薄くひらひらに削れます。

トーストが割れません

貝印の手の熱で溶かして切れるバターナイフ

ふわっとけずれたバターはすぐに溶けて、サッとトーストの表面に広げられます

トーストに固いバターをぬろうとすると、サクッと焼けた表面がバリっと割れませんか? あのガッカリがないんです。

焼いてないパンもOK

貝印の手の熱で溶かして切れるバターナイフ

サンドイッチをつくるときなど、焼いてないパンにバターをぬることもありますよね?

やわらかいパンがバターの塊でボコッと凹んだりしませんか? そんなガッカリもないんです。

残念なところ:力をいれすぎると変形……

貝印の手の熱で溶かして切れるバターナイフ

熱が伝わるといっても……手があんまりあたたかくなかったり、すごく急いでいたり。

そういうときに慌ててグググッと力を入れると、少し曲がっちゃったりします。

その分カンタンに元に戻せるんですが、ちょっとびっくりしますね。

バターをたくさん使いたいときも便利

貝印の手の熱で溶かして切れるバターナイフ

ホットケーキの上に四角いバターを乗せたり、料理に使うときは、にぎる側のまっすぐな方を使います。

少し力がいりますが、キレイに切れます

貝印の手の熱で溶かして切れるバターナイフ

忙しい朝も、もちろん昼や夜も、もうバターにイラッとすることはありません!

100回以上の人気連載「マイ定番スタイル」では、私たちの暮らしを変えてくれそうなアイテムを実際に買ってレビューします。オススメはコチラ。

このニトリグッズがあれば塩はもうカチカチになりません!

この100均グッズがお弁当のすき間を埋める救世主になるとは…

手の熱で溶かして切れるバターナイフ[貝印]

Fukuko

くいしんぼうのエディター&ライター。旅をこよなく愛し、おいしいものとライフスタイルをステキに彩るガジェットを求めて、広くて狭い地球を飛び回る江戸っ子。飛ぶように軽くどこまでも歩ける靴と、付け替え用の胃袋がほしいなぁと夢見る毎日……だけど、おうちも大好き。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking