61
Sponsored by ダイソン株式会社

ROOMIEの人気連載「みんなの部屋」。その栄えある第1回目に登場してくださったのが樋山潤さん&千恵さんご夫妻です。

あれから2年、ふたりに大きな変化がありました。それは、長男・一太郎くんが生まれたこと。

ふたりの部屋づくりは、子どもが生まれたことでどう変化したのでしょうか

「子どもが生まれて、より絆が深まりました」と語るふたりの部屋づくりは、子どもが生まれたことでどう変化したのでしょうか。久しぶりに渋谷区代々木にあるお宅を訪ねました。

インテリアも子ども仕様に。それでもうれしい現在の暮らし

インテリアも子ども仕様に。それでもうれしい現在の暮らし

築50年のヴィンテージマンション、48㎡の2LDKに3人で暮らす樋山一家。南向きの部屋で日当たりがよく、5階ということもあって、参宮橋の街並みや遠くに明治神宮までが望める視界の抜け感もお気に入り。

昨年には大規模な修繕工事が入り、外壁やベランダなどもキレイになって、より快適に過ごしているそうです。

インテリアも子ども仕様に。それでもうれしい現在の暮らし

玄関のドアを開けると、変わらないふたりが2年前と同じルームシューズでお出迎え。そして、取材の3日前に1歳になったという一太郎くんの姿も。ソファの位置など部屋のレイアウトは少し変わったものの、心地のよい空間は相変わらず健在。

「ここでの暮らしも2年半を過ぎました。変わったことといえば、当たり前ですが子ども中心の生活になったこと。僕は仕事を終えて家に帰るのが本当に楽しみになりました。

子どもが病気を抱えて生まれてきたこともあり、夫婦の絆はより深まったと思います」(潤さん)

インテリアも子ども仕様に。それでもうれしい現在の暮らし

一方、現在は育休中の千恵さんにとって大きな変化は、暮らしに目を向けられる時間ができたこと。

「子どもがとても穏やかなので育児疲れもまったくなく、今はストレスフリー。

子どものためにジョイントマットを敷いたりおもちゃが増えたりと、子ども仕様のインテリアになってしまうのは仕方がないので、忙しく仕事をしていたころにはできなかった収納スペースの見直しをしたり、いろいろ工夫しながら楽しんでいます」と話してくれました。

一緒にコーヒーを楽しむ、今までと変わらないふたりの時間

一緒にコーヒーを楽しむ、今までと変わらないふたりの時間

この2年間が経っても変わらないことを聞いてみると、ひとつはコーヒーのある時間。もともと千恵さんの趣味でしたが、潤さんも好きになり一緒に楽しむようになりました。

夜、一太郎くんが寝たあとに好きな音楽をかけてアロマを焚き、コーヒーを飲みながら今日の出来事や一太郎くんの様子を話す時間がふたりにとって一番の至福。週末はトーストを焼いて、コーヒーをお供にゆっくりと朝食をとる習慣も変わっていません。

一緒にコーヒーを楽しむ、今までと変わらないふたりの時間

また、アウトドア好きなふたりが週末ごとに出かけるのが散歩。以前はよくキャンプをしに出かけていたそうですが、今は週末に一太郎くんを連れて代々木公園や明治神宮まで足を伸ばしています。「やっぱり自然のキレイな空気を吸いたくなるんですよね」と潤さん。

残念なのが、家の中でもっともネックに感じていた「壁」の存在も相変わらずであること。

一緒にコーヒーを楽しむ、今までと変わらないふたりの時間

「この壁がなかったら、もっと広い空間で過ごせたのにっていう思いはありますね。オープンにしているとプライベート空間はつくれないかもしれませんが、僕たちにとっては自分がここでパソコン作業をしていて、目をやれば妻が向こうで何かしているというのは自然だし、むしろ安心するので……」(潤さん)

「あとは、エアコンの風をこの壁がさえぎってしまうんですよね。とくに夏はキッチンが暑いし、寝室はモワっとするし……。

潤くんはぜんそく持ちだからもともと『エアコンから出る空気は信用してない』って言いますけど、エアコンが好きな私にとってはけっこう深刻なんです(笑)」(千恵さん)

ためらう気持ちを解消させたdysonブランドの安心感

潤さんがぜんそく持ちであること、そして一太郎くんをケアするために訪問してくれる看護師さんのすすめもあり、これまでも空気清浄機を買おうかと迷っていたそう。

それでも実現しなかったのは、潤さんがもともと機械から出る風を信用していなかったのと、本当に空気がキレイになるか半信半疑だったから。そして買うなら、デザインにこだわりたかったから。

お店に見に行っても同じようなデザインが多く、「もう少し調べよう」と見送ったことは1度や2度ではなかったといいます。

ためらう気持ちを解消させたdysonブランドの安心感

そこで今回、試してもらったのが「dyson(ダイソン)」の空気清浄機能付ファンヒーター『Dyson Pure Hot+Cool Link™』です。

ダイソン社製品はすでに掃除機のユーザーでもあり、この製品もCMでずっと気になっていたというふたり。

ためらう気持ちを解消させたdysonブランドの安心感

「Dyson Pure Hot+Cool Link™」は、PM2.5よりも小さい、PM0.1レベルの微細な粒子を自動で99.95%除去(※1)。バクテリアやウイルスに加え、ホルムアルデヒドなどの有害なガスも捉えます(※2)。

さらにうれしいのが、冬にはヒーター、夏には扇風機として使うことができること。空気清浄機能でキレイにした空気を温風や涼風で届けることができるので、空気はいつもクリーン。

冬はあたたかな風で素早く部屋全体を均一(※3)にあたため、夏は心地よい涼しい風を届けます。

部屋に馴染むデザイン、コンパクトながらも1台3役の便利さ

部屋に馴染むデザイン、コンパクトながらも1台3役の便利さ

羽がないので子どもがさわっても安心。フィルター交換は1年に一度(1日12時間使用の場合)で、ふだんのお手入れは乾いた布で拭くだけ。

1台3役で1年中活躍するので、オフシーズンに収納する場所も片付ける手間も不要です。子育てに忙しく、収納スペースが少ない樋山家にはまさにピッタリの『Dyson Pure Hot+Cool Link™』。

「鼻炎があるので毎朝起きると必ず鼻がズルズルするのですが、これが来てからの1週間は鼻のズルズルもくしゃみの連発もなくなってびっくりしてるんです」という潤さんに、「そういえばそうだね」と千恵さんも納得。

部屋に馴染むデザイン、コンパクトながらも1台3役の便利さ

自動で空気の汚れを検知し、対応する「オートモード」や、静音運転に切り替え、LEDディスプレイを減光する「ナイトモード」など、さまざまな機能がある中で、ふたりが気に入っているのは「Dyson Link」というアプリ。

スマホなどのデバイスに連携すれば、使用状況や室内の環境履歴がひと目でわかります

「今日、みなさんをお迎えするために掃除をしたのですが、そのときは折れ線グラフが高くなって『汚れている』という表示に。そのあと空気清浄機が頑張って『きれい』表示になりました。空気がキレイになっているかどうかってわかりにくいですけど、こうして可視化されるとすごく安心です」(潤さん)

部屋に馴染むデザイン、コンパクトながらも1台3役の便利さ

また、部屋にしっくり馴染むデザイン性と、部屋のどこへでも移動させて使えるコンパクトなサイズもこの製品の特長です。

キレイにした空気で部屋があたたかくなるって、すごく安心です。普段はリビングに置いていますが、子どもと私だけなら狭い範囲で遠くまで風を届ける“フォーカスモード”にして、家族みんなが家にいるときは“ワイドモード”にするとみんながあたたかくいられます。

部屋に馴染むデザイン、コンパクトながらも1台3役の便利さ

キレイな風が遠くまで届くし、首振りもしてくれるので部屋全体にキレイな空気が行き届く気がします。都心の空気はあまりキレイじゃなさそうなので、外の空気を入れるより清浄された空気で部屋が満たされるほうが安心です。

寝苦しい夏には寝室に置けば、空気がキレイになるだけでなくやさしい風を送ってくれるので、夏の寝苦しさも解消されそうです」(千恵さん)

何より一太郎くんのためにキレイな環境をつくれることがうれしい、と潤さん。一太郎という名前をつけたのは、“ひとつでいいから好きなことを見つけて強い男の子に育ってほしい”という思いから。

「大きくなって自分の力だけで呼吸ができるようになったら、まずキレイな空気を吸わせてあげたいですね」と千恵さんも語ってくれました。

部屋に馴染むデザイン、コンパクトながらも1台3役の便利さ

前回の訪問から2年が経ち、いろんな変化があった樋山さんご夫妻。

「一太郎のためにも快適な環境をキープして、充実した暮らしを送りたい、そう願う気持ちはずっと変わらないね」と顔を見あわせる樋山ご夫妻なのでした。

(※1)欧州規格EN1822に準拠し第三者機関IBR(米国)が2017年8月に実施した、0.1µmの粒子を使い最大風量にて行ったフィルター試験結果。日本国内売上台数上位25機種の空気清浄機(2016年10月から2017年3月の市場調査会社データに基づく)が対象。
(※2)(社)日本電機工業会規格(JEM1467)および中国標準規格(GB/T18801)に準拠し、自社および第三者機関[Fraunhofer(ドイツ)、SGS(中国)]が実施したVOC(酢酸、アセトアルデヒド、ホルムアルデヒド、ベンゼン)の測定試験結果。試験での測定結果であって実使用空間での実証結果ではありません。上記以外の有害ガスについては確認していません。
(※3)IEC(国際電気標準会議)規格60675に準拠した自社規格(DTM961)試験結果。日本国内売上台数上位25機種のプレミアムヒーター(平均1万円以上の機種。2016年10月から2017年3月の市場調査会社データに基づく)が対象。

sponsored by ダイソン株式会社

空気清浄機能付ファンヒーター Dyson Pure Hot+Cool Link™ [dyson]

(取材・文 大森りえ)

Photographed by Kenya Chiba

61

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking