人気連載「マイ定番スタイル」では、無印良品、IKEAなどに代表される親しみやすいブランドの商品から、ちょっと気になる品々まで、私たちの暮らしを変えてくれそうなアイテムを実際に買ってレビューします。今回はVol.101。

AKOMEYA TOKYOってご存知でしょうか。

新宿、銀座、大宮にしかありませんが、一度入ると長い間楽しめるお店です。「お米に焦点を当てたライフスタイルショップ」といった説明が多いですが、雑貨やキッチンツールも取り揃えていて、何度も足を運んでしまいます。

そんな「AKOMEYA TOKYO」で、これは! というアイテムを見つけましたのでご紹介します。

八幡屋礒五郎の「どこでも七味」

八幡屋礒五郎の「どこでも七味」

ふと見つけたこの商品、ひと目でデザインに惹かれました。

調べてみると「お出かけ先でも唐からしを使い分けたい」ということで作られたと。商品名も「どこでも七味」。いやいや、お出かけ先で七味や山椒を使うってどんな状況なのだろう……。店か? 友人の料理か? 実に興味深い。

それはさておき、コンパクトでデザイン性の高いこのアイテム、わざわざ外に出さずにキッチンに置いて使ってもいいのではないでしょうか!

キッチン棚にすっきり収まる

八幡屋礒五郎の「どこでも七味」

七味唐からし、粉山椒、ゆず七味、七味ガラム・マサラ、一味唐からし、バードアイの6種類というバリエーションで、それぞれ、0.2gの小袋が5つずつ入っています。

七味や山椒って、そもそも毎日使用するものではないですよね。でも、キッチンの棚には入れておきたい。「七味が欲しい…」「山椒を少し加えてみたら…」という瞬間は、想像できないタイミングでやってくるからです。

かさばらないので棚のスペースを取りません。もちろん、本筋である「お出かけ時」にも使えます。

使うもの・使わないものの差が出てくる

八幡屋礒五郎の「どこでも七味」

これは使う人にもよりますが、僕はおおかた写真の3種類しか使いません……。そのため、一味やガラム・マサラが残っている状況になります。

唐からしをまんべんなく楽しむ方はいいと思いますが、あまり多くはないと思います。

八幡屋礒五郎の「どこでも七味」

この「七味ガラム・マサラ」はどのタイミングで使ったらいいのかすらわからない……。とはいえずっと残すのも嫌なので、カレーに混ぜたりなんだりで対応しようと思います。

どこでも七味 [AKOMEYA]、[八幡屋礒五郎オンラインショップ

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking