ドラえも〜〜〜ん!

昔ながらの水道管も、日本ではなかなか最近では見る機会がなくなってきました。

そんな中、香港でコンクリートで出来た水道管の、画期的なリサイクル方法を発見しましたよ。

まるで中銀カプセルタワービル?

水道管 土管 家 OPod Tube Housing
こちらは使わなくなった水道管を住居スペースにするというプロジェクト。

香港のJames Law Cybertecture氏が開発したこの水道管住宅は、上の写真のようにいくつもの水道管を重ねることで、大型の住居スペースにもなるのです。

でも、こんな風にたくさん水道管を並べなくても、1つの水道管で1-2人が暮らせる小さなアパートとして十分なスペースとなっています。

一つ一つにバスルーム、キッチン、リビングが備えられているので、1人なら十分に満足できそうな空間です。

ハイテクだけど、リーズナブル

水道管 土管 家 OPod Tube Housing

更に家のドアはスマホでロックを解除できる仕組み。ハイテクです。

また、1つの水道管住宅の金額は、およそUS$15,300(約160万円)。

話題を呼んだ無印良品の300万円の家に比べても、決して手の届かない金額ではありませんよね。

そもそもこの住宅は、東京と同じように土地に余裕がなく住宅価格が高い香港で、狭いスペースを上手く使って快適に過ごせるお家を目指したプロジェクト。

使わなくなった水道管をリサイクルして、お家になってしまうなんて驚きですよね。

土管というより、宇宙船?

水道管 土管 家 OPod Tube Housing

見た目はコンパクトでありながら、中は洗練されています。

水道管と言われると安っぽく感じますが、これはどちらかというと宇宙船のようでもあります。

さて、すでに香港の様々なところに設置され始めているこの住宅。

経済的にも優しく、快適そうなこんな家が東京にも建てられたら、一晩くらい試しに泊まってみたくなりますね。

OPod Tube Housing [James Law Cybertecture]

Photographed by James Law Cybertecture

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking