スーパーフードやローフードをこよなく愛し、食にこだわるモデル・Kelly(ケリー)の日常ごはん連載。今回のワンプレートは、テレビにも登場したヘルシーハンバーグ。ハンバーグなのに、ヘルシーな理由は?

罪悪感なしでヘルシーボディに。筋力アップできるKellyごはんとは

170221_kelly_top

この3年で筋肉量が3kgは増えました。20代の若い頃は「食べたら太る」という罪悪感に苦しみながら、食べる量を減らして、いわゆるガリガリのときも。あの頃に比べて今は、ほどよく筋肉がついて、肌もむしろキレイとほめられます。

「体をつくる食事」をしっかりとるようになった成果。その基本は「タンパク質」を毎日きちんととることです。肉や魚に加え、このタンパク質の強化に私がよく使うスーパーフードが「キヌア」です。

テレビでも紹介したヘルシーハンバーグのレシピを公開します!

0222kelly_5_1

こちらは、1月放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に出演した際、ご紹介したハンバーグ。MCの今田耕司さんが肉料理好きということで作ったところ、レシピを知りたいという声をたくさんいただきました!

肉は脂肪の少ない牛赤身ひき肉を通常のハンバーグの半量程度使い、代わりにキヌアとひよこ豆の粉末を加えて、植物性タンパク質をしっかり強化します。1品でタンパク質だけでなく、食物繊維やミネラルもしっかり補えるのがポイント。家ではノンフライヤーで調理しますがオーブンでも、手軽なフライパンで作ってもカリッと香ばしく焼けます。体を鍛えている人、そしてハンバーグが大好物な彼とのディナーにもおすすめですよ。

Kelly流 キヌアと牛ひき肉のヘルシーハンバーグ

<材料> 2人分

0222kelly_5_2
  • 牛ひき肉(赤身) 200g
  • キヌア(水でもどす) 1/2カップ
  • ひよこ豆粉末 大さじ2
  • 玉ねぎ(みじん切り) 1/4個分
  • にんにく(すりおろし) 1片分
  • 卵 1個
  • スモークソルト 小さじ1

つけ合わせ

  • レタス 適量
  • アボカド(皮と種を除く) 1/2個
  • トマト 1/2個

<作り方>

  1. ボウルにすべての材料(つけ合わせ以外)を入れ、粘りが出るまで手で練り混ぜる。
  2. (1)を4等分にし、手のひらに打ちつけて空気を抜きながら俵形にまとめる。上から軽く押しつぶし、形を整える。
  3. フライパン(フッ素樹脂加工)を中火で熱し、(2)を並べ入れる。焼き色がついたら裏返し、弱火にしてふたをし、10分ほど蒸し焼きにする。 ※フライパンにより、焦げやすい場合は油を適量をひいて焼く。
  4. つけ合わせのレタスは手でちぎり、アボカドとトマトは薄切りにする。器に彩りよく盛り、ハンバーグを盛りつける。
0222kelly_5_3
0222kelly_5_4
0222kelly_5_5
0222kelly_5_6
0222kelly_5_7

Kelly’s ワンポイント

kelly_1_point

「キヌア」は完全食ともいわれるほど、栄養バランスに優れた雑穀。炭水化物が少なく、必須アミノ酸が多い良質なタンパク質がとれ、マグネシウムや鉄分などのミネラルが、白米の何倍も含まれています。水に浸してもどしてから使ってください。ひよこ豆の粉末とともに、最近はスーパーでも手に入ります。ノンフライヤーで作ると、さらにふわっとやわらかな口あたりに仕上がりますよ。ノンフライヤー(またはオーブン)で焼く場合は、180℃で15分を目安に加熱してください。

Kelly流 キヌアと牛ひき肉のヘルシーハンバーグ完成!

0222kelly_5_8

次回もタンパク源にひき肉を活用。マクロビ視点の中華風豆乳スープボウルをご紹介します。

撮影 島村緑 / 取材・文 山崎さちこ(シェルト*ゴ)

Kelly(ケリー)

kelly_01_prof

ブラジル・サンパウロ出身。健康的な美しさを魅力に、モデルとして数々のファッション誌、ファッションショー、広告などで幅広く活躍中。ワークアウト、ヨガ、キックボクシング、ブラジリアン柔術などに造詣が深く、料理好きからローフードマイスター、スーパーフード & スーパーフードスポーツマイスターの資格を取得。ヘルシーなライフスタイルが女性から支持されている。 [公式ブログ/インスタグラム]

Ranking