31
人気連載「マイ定番スタイル」では、無印良品、IKEAなどに代表される親しみやすいブランドの商品から、ちょっと気になる品々まで、私たちの暮らしを変えてくれそうなアイテムを実際に買ってレビューします。今回はVol.83。

今年の冬は特に寒く、熱々の飲み物が手放せませんよね。仕事のお供としても、飲み物は常にデスクに置いておきたいもの。でも、マグカップだとすぐに冷えてしまいますよね。いちいち温めに行くのも面倒です。

そんな時に手に入れたいのが、冷めにくくて飲みやすい「ステンレスタンブラー」。

無印良品「ステンレスタンブラー」

今はいろんなメーカーのものがありますが、無印良品のステンレスタンブラーはロゴ一つなく、潔いほどのシンプルさ! さすが無印良品ですよね。

サイズも大小2サイズあります。今回紹介するのはたっぷり飲める大サイズです。

大サイズ:450mL 税込1,690円
小サイズ:300mL 税込1,490円

ステンレス製なのでとっても丈夫です。つや消しの仕様なので、たとえ小さな傷がついても目立ちにくいと思います。オシャレだし、手触りもいいですよ。 

そのままドリップできて無駄がない!

無印良品「ステンレスタンブラー」

コーヒーはそのままドリップすることもできます。ドリッパーもセットしやすい形ですよね。どんなに熱いものを入れても外側は全く熱くなりません。難なく持つことができますよ。これは真空二重構造のおかげなんだとか。

ただし蓋部分は熱くなります。また、中の飲み物の温度がわかりにくいので、火傷には注意しないといけません。

気温にもよると思いますが、室内だと3時間くらいは熱いまま飲むことができました。マグカップとは比べ物にならないくらい長持ちします。また、温めたり注ぎ足しに行ったりする手間がない分、仕事もはかどるはず!

3時間で飲み切る自信がない場合は小さいサイズがいいかもしれませんね。

冷めにくくする1分のひと手間

無印良品「ステンレスタンブラー」

取扱説明書に、冷めにくくする裏技として、あらかじめ熱湯を入れて温めておく方法が紹介されていました。なるほど! ビアグラスをあらかじめ冷ましておくのと逆の要領ですね!

時間は1分ほど。この一手間で、そのまま入れるよりずいぶん冷めにくくなります。これはタンブラーに限らず、水筒やスープマグなどにも使える技ですよね。

私は熱湯を入れてタンブラーを温めている間に、コーヒー豆を挽いたりドリッパーを準備したりしています。こんな時間でも効果あります。ただ、熱湯を捨てる際には、火傷に十分ご注意くださいね……。

冬だけじゃなく夏にも大活躍!

無印良品「ステンレスタンブラー」

保温だけじゃなく、保冷効果もあるので冷たい飲み物もOK! グラスと違って結露もしにくいですし、氷も溶けにくいので夏場にも大活躍です。

冷たいものを入れる場合も、あらかじめ氷水等で冷やしておくと保冷効果が上がるようです。

スライド部分を開けると、ストローがちょうどぴったり入ります。これは夏場、特に女性には嬉しいですよね。夏場にガブガブ飲みたいなら、断然大サイズをオススメします。

唯一の残念なポイント

無印良品「ステンレスタンブラー」

ただ、使ってわかった残念なポイントが1つ。

蓋の、分解できるはずのスライド部分が外れません。無理に外そうとするとツメ部分が折れそうなので少し怖いです。説明書通りには簡単に外れないので、ここは注意が必要かもしれません。個体差もあると思いますが……。

デスクワークのお供にどうぞ。

無印良品「ステンレスタンブラー」

マグカップより冷めにくく、水筒より気軽に飲めるタンブラーは、家の中やデスクワークの職場にもオススメ! デザインがこの上なくシンプルなのでデスク上もうるさくなりません。

熱いものは熱いまま、冷たいものは冷たいまま保てるので、ちびちび飲みたい派には特にオススメですよ。ぜひお試しください。

ステンレスタンブラー 約450mlステンレスタンブラー 約300ml [無印良品]
31

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking