一体どんな味がするんだろう?

醸造所で作られたビールを、時間を置かずいち早く飲むのはビール好きにはたまらない幸せですよね。

さて、そんな贅沢を楽しめる醸造所が東京にまたひとつ生まれましたよ。

国際的なプロジェクトから生まれたクラフトビール

ディスタント・ショアーズ・ブルーイング

クラウドファンディングサイト「Makuake」に登場後、熱烈なビールファンからクラフトビール関係者まで、100万円を超える支援が集まった「ディスタント・ショアーズ・ブルーイング」。

ディスタント・ショアーズ・ブルーイング

東京の郊外、東村山に新しくできたこのビール醸造所は、日本人1人とイギリス人2人のオーナーによって共同で立ち上げられました。

新宿のブルーパブ「YYG ブルワリー&ビアキッチン」のオーナー・片野さん、浅草のブルーパブ「Campion Ale(カンピオンエール)」のオーナー・ジェームスさん、そしてビールの醸造管理システム開発会社の代表であるマイケルさんの3人が中心人物と、メンバーも非常に本格的です。

ブリティッシュ・ジャパニーズなクラフトビール

ディスタント・ショアーズ・ブルーイング

やはり一番の見所は、イギリス出身のオーナーたちに日本人オーナーが加わることで生まれた、ブリティッシュ・ジャパニーズブレンドとでもいうようなクラフトビールの味。

ディスタント・ショアーズ・ブルーイング

2018年春には、できたてホヤホヤのクラフトビールが楽しめるテイスティングルームが醸造所内に完成予定です。

エールをベースに仕上げたIPAや、グレープフルーツの風味をベースにしたウィートエールなど、オリジナリティ溢れるクラフトビールを、おつまみとともにその場で楽しめます。

クラフトビール好きには嬉しい、春の楽しみがまた一つ増えました!

ディスタント・ショアーズ・ブルーイング【Makuake】

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking