ライフハッカー[日本版]からの転載:

クラウドファンディングサイト「machi-ya」にて資金調達中の、「8人の漁師が育てた長崎県・九十九島の知る人ぞ知るとらふぐ」のキャンペーンが残り1日となっています。メディアからも注目を集める九十九島のとらふぐ、あと1日でキャンペーンが終了してしまう前に、もう一度ポイントをおさらいしたいと思います。

最高の環境で養殖されたとらふぐ

長崎県佐世保市にある九十九島。佐世保港の外側から北へ25kmにわたり島々が点在する海域のことで、島の密度は日本一といわれています。

リアス式海岸で潮変りがよく日本中探しても、これほど養殖に適した産地は少ないとのこと。太陽と海と島の恵みが、最高の九十九島とらふぐを育むのだそうです。

エサは佐世保市産の早摘みみかん

佐世保市産の早摘みみかんをエサに使用。「臭みが取れておいしい肉質になる」ということです。

直接届けるから鮮度が高い

「中間流通を通さずに現地から直送されますので、“より鮮度が高く、美味しいまま”を届けられるのだそうです。

九十九島とらふぐ鍋セット

今回、ご支援いただける「九十九島とらふぐ鍋&ヒレセット+てっさ」は4人前で、以下のものが含まれています。

<内容物>

ふぐちり(唇、アラ、カマ、腹etc)  約450g
皮 約20g
とらふぐのヒレ 5枚
ポン酢 170ml
てっさ 25cm皿 約100g

リターンはこのほかに、てっさが付かない「九十九島とらふぐ鍋」だけのセットなども選ぶことができます。

九十九島とらふぐ鍋セットは、クラウドファンディングサイト「machi-ya(マチヤ)」にて、限定30個が12%オフで9000円(税込・送料別)から支援可能。キャンペーンは残り1日です。この冬にとらふぐ鍋を一度は堪能したいと思っていた人は、ぜひこの機会をお見逃しなく!

>>「九十九島とらふぐ鍋セット」の支援はこちらから

※注 「九十九島とらふぐ」は養殖とらふぐです。養殖とらふぐは、天然とらふぐと違い、毒がほとんどありません。また、もちろん免許を持った漁協で処理しているので安全です。

Image: machi-ya
Source:machi-ya

(伊藤貴之)

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking